デビュー25年で40歳 安室奈美恵が“生きる伝説”になるまで

安室奈美恵がデビュー25年で40歳に 『生きる伝説』になるまでの軌跡

記事まとめ

  • 沖縄で25周年ライブを行った安室奈美恵は、山口百恵さんや松田聖子の魅力に近いという
  • 実母が再婚相手の弟に殺害される事件や、ダンサーSAMとは約5年で離婚したことも
  • カリスマ性があり、浜崎あゆみや今井絵理子氏、上原多香子との違いがあると記者は語る

デビュー25年で40歳 安室奈美恵が“生きる伝説”になるまで

デビュー25年で40歳 安室奈美恵が“生きる伝説”になるまで

衰えぬカリスマ性は努力のたまもの(C)AP

「百恵さんや聖子の魅力、強さに近いものがありますね」と、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏は言う。デビュー25周年ライブを故郷沖縄で行い、大成功させた歌手の安室奈美恵(39)だ。茶髪にミニスカート、厚底ブーツと、そのファッションをまねた「アムラー」が社会現象となって約20年、20日に40歳の大台を迎えるが、全く衰え知らずの人気で第一線を突っ走る姿が芸能界を超えて話題なのである。

 台風18号の影響も懸念されるなか、それを吹き飛ばす勢いの盛り上がりだった。16日と17日のライブ2日間での観客動員は5万2000人。沖縄で行われた単独アーティストの動員記録をあっさり塗り替えてしまった。CD、DVDの売り上げが3700万枚を超え、10代、20代、30代の各年代でのミリオンセールスと他に例を見ない記録を持つ安室について、青山氏はこう言う。

「デビューした当初からモノが違うといいますか、ダントツのポテンシャルを見せつけた。そうしたパフォーマンスを維持しているのは紛れもないプロ意識の高さでしょう。コンサートへ臨むまでの様子を取材したことがあるのですが、レッスンと自宅がすべて。遊びとか息抜きに費やす姿がまったく見られなかった。だからこそ10歳も20歳も若いダンサーを引き連れ、約2時間踊りっぱなしで、声もかすれず、口パクもなく歌い続けられるのでしょう。

 ひとり息子の親権のために法廷闘争も辞さなかったり、子育てのために土日には仕事を入れないといった家族愛は山口百恵さんを彷彿させます。また、コンサートでMCをせず、歌とダンスだけで見せるという独自のスタンスを持ち、それをカチッと守り通すところは松田聖子と似ているところがある。そういう、並の女じゃないところをファンは知っているからこそ憧れ、応援し続けるのだと思います」

 1999年には実母が再婚相手の弟に殺害されるという痛ましい事件もあった。ダンサーのSAM(55)との20歳でのできちゃった婚は約5年で離婚。デビュー以来所属していたライジングプロからの独立をめぐってモメた際は引退危機を報じられたことも。いつも順風満帆ではない、むしろ熱狂と波乱の紆余曲折を経てたどり着いた25周年なのだ。

「ファンとのつながりを大切にし、そのためにある意味、女の幸せをコントロールしているような姿には、やはりカリスマ性があるとしか言えない。その徹底した自己管理力にこそ、同じ世代の浜崎あゆみや、沖縄アクターズスクールの後輩でもある今井絵理子や上原多香子らとの違いがあるのかもしれません」(青山氏)

 V6の三宅健にロンブー淳ら、噂になった相手もいないわけじゃない。京都に推定2億円もの豪華マンション購入を報じられた昨年は親交の深い音楽プロデューサーと再婚かとの臆測も飛び交った。SAMとの間に生まれた息子は現在、19歳で来年にはもう成人。生きる伝説、安室の物語はまだまだ続く。


関連記事(外部サイト)