30代メンバー中心のAAA 10代からの人気が衰えない理由

 紅白7年連続出場、10代に人気のアーティストAAA(トリプル・エー)の全国ドームツアーに潜入、人気の秘密を探った。

 エイベックス主催のオーディションを勝ち抜いた逸材を集めた実力派ユニットで、メンバーは浦田直也(34)をリーダーに、西島隆弘(30)、日高光啓(30)、與真司郎(28)、末吉秀太(30)、紅一点の宇野実彩子(31)の6人。

 今年3月に伊藤千晃(30)が妊娠・結婚で脱退するまで10年近く男女7人編成で人気を確立してきた。彼らの特徴を一言で言えば「リア充」。「グループ交際や部活のような青春っぽさ、リア充感がいい」(18歳・大学生)。自分も“友達として”メンバーに加わりたくなるような存在なのだ。

 14日、東京ドームに集まったファンは10代から20代前半の肉食には程遠い“マイルド系”男女。平日木曜の18時開演という早さもあり、圧倒的に10代が多く、カップル率も高い。アイドル好きに多い、コッテリファッションやヤンキーファッションも少ない。

 結成12年ともなれば極端なオタク、オバサンも増えていくものだが、そういった偏ったタイプも少ない。観客は皆ツアー専用の箱型ライト(2600円)を購入。ライトは演出側が遠隔操作、曲によってすべて同じ色、同じタイミングで点灯し、一体感があって楽しそうだ。この日はテーマ曲を歌う10月スタートの月9ドラマ「民衆の敵」(フジテレビ系)の宣伝で主演の篠原涼子(44)、千葉雄大(28)らも登場した。

 コンサート中、気が付いたのは、メンバーの肌露出が異常に少ないこと。裸になるメンバーはおらず、1人が腹筋をチラ見せしただけ。ジャニーズもEXILEもライブではたいてい半裸。肌露出とキラキラ衣装で“非日常感”を演出、妄想を過剰なまでにあおる。そういったトゥーマッチな色気はオタクやオバサンの大好物でもあるからだ。しかし、AAAにはそれがない分、ファンが自然に卒業し、ファン層がいつも10代の若者で安定しているのかもしれない。

 最近はどの市場でもエッジの利いた“1強独占”が常。色気でも、男らしさでもなく、普通の感覚で心をつかむAAA。息の長い活躍ができる理由はそこにあるようだ。

関連記事(外部サイト)