不倫とは無縁 ゆず北川と“超円満”高島彩の勝ち組ママ感

不倫とは無縁 ゆず北川と“超円満”高島彩の勝ち組ママ感

不倫問題とは縁なし?(C)日刊ゲンダイ

 終始笑顔だったが、相当痛かったに違いない。

「一昨日ビンを落としてしまい、ひびが入ってしまいました……」と、苦笑いしながら左足中指を亀裂骨折したことを明かしたのは、フリーアナウンサーの高島彩(38)。20日に行われた「ラグビーワールドカップ2019日本大会 2YEARS TO GO FESTIVAL」オープニングセレモニーでは、おぼつかない足取りながらも自力で登壇し、「まさにラガーマン魂!」(タレントの武井壮)と称賛されたのだった。

 同イベントは2年後に迫ったラグビーW杯を盛り上げるため、今後各地で行われるイベントのキックオフを担ったもの。アヤパンは成蹊高校在学時にラグビー部のマネジャーを務めたことに加え、5歳上の兄も成蹊の小中高とラグビー部に所属しており、ラグビーとともに青春を謳歌してきた。それだけに“ラガートーク”はお手のもので「同じラガーマンでもポジションによって体格や性格、キャラクターが違う」と魅力を語り、「個人的にはウイング派」と好みのタイプも告白し、イベントをもり立てたのだ。

 女性フリーアナ激戦のさなか、相変わらず堅調な強さをみせるアヤパン。4月からは「サタデーステーション」(テレビ朝日系、20時54分〜)のメーンキャスターに起用されている。視聴率こそ苦戦中だが、「アナウンススキルはさすがの安定感」(テレ朝関係者)と評価する声が聞こえてくる。

 私生活も順調そのもの。この10月で結婚6年目を迎える夫で「ゆず」北川悠仁(40)との仲は、「チョーがつくほど円満。この夫婦に限っては芸能界に吹き荒れる“不倫報道”とは無関係じゃないかな。子供も3歳と1歳になる女の子がいますが、2人とも両親のいいとこ取りした顔立ちでかわいい。羨ましいのひと言ですよ」(関係者)。

 この日のイベントでも左手薬指には結婚指輪がキラ〜リ。足指とは違って、仕事と家庭のほうはそう簡単に“ひび”が入ることはなさそうだ。

関連記事(外部サイト)