安室奈美恵 NHK紅白ラスト出演の最大ネックはタトゥーか

安室奈美恵が来年9月での引退を発表 NHK紅白歌合戦出場のネックにタトゥーか

記事まとめ

  • 安室奈美恵が来年9月での引退を発表、NHK紅白歌合戦の大トリを確実視する声がある
  • 安室にはタトゥーがあるといい、タトゥーが見えたとNHKに過去抗議があったという
  • 安室のタトゥーが仮に消えているなら、紅白出演へのハードルは下がるとライターは語る

安室奈美恵 NHK紅白ラスト出演の最大ネックはタトゥーか

安室奈美恵 NHK紅白ラスト出演の最大ネックはタトゥーか

14年ぶりの紅白出演なるか?(C)日刊ゲンダイ

 来年9月での引退を発表し、日本中を驚かせている歌手の安室奈美恵(40)。現役で迎える年末は2017年の大晦日が最後になるだけあって、「NHK紅白歌合戦の大トリは確実か?」などの報道もあるが、実現には大きなハードルがある、とするファンも少なくない。

 安室が最後に紅白に出場したのは2003年のこと。1995年から9回連続で出場したが、この記録が途絶えることになった原因とウワサされるのが02年出演時の出来事だった。同年、安室は左腕の肩近くに黒色のタトゥーを入れており、この年の紅白には「安室のタトゥーが見えていた」との抗議がNHKに寄せられたとされる。

 そのためか03年には安室の左腕にタトゥーは確認できず、「ドーランで隠した?」などと話題に。その後、04年から安室は紅白に出演しなくなったが、一部ファンの間では「タトゥーを隠しての出演に安室本人が納得していないのでは?」という憶測がネット上で流れるようになった。

 ただ、近年はそのタトゥーについて「薄くなっている」との指摘も多い。実際、安室が表紙を飾った15年発売の女性ファッション誌の表紙では、以前に比べてタトゥーがずいぶんと薄くなった姿が話題に。また、コンサートの様子がワイドショーなどで報じられた際のVTRでは、左腕にそれらしきものが見当たらないことも多く、「消したのでは?」と推測する声も上がっている。

「安室さんが入れたタトゥーには、息子さんの名前と亡き母へのメッセージが記されていると言われており、それを隠さなければならない状況では出演できないと安室さんが考えている可能性は十分にあります。ただ、仮に消えているならば、紅白出演へのハードルは下がるかもしれません」(芸能ライター)

 残り1年間の安室の活動には多くの注目が集まりそうだ。

関連記事(外部サイト)