戦争映画の金字塔 「ダンケルク」人気の理由を評論家解説

戦争映画の金字塔 「ダンケルク」人気の理由を評論家解説

興業収入ランキングでは首位スタート(C)AP

「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」が好調だ。興収ランキングでは首位スタート、しかもエンタメ作じゃないのに5〜6人に1人のお客さんが割高なIMAX上映版を観賞するという、熱のこもった興行となっている。

 物語の舞台は第2次世界大戦の西部戦線。フランスの北端ダンケルクに追い詰められた英仏軍40万人を救出するため、民間船まで総動員して行われた史上最大の撤退作戦を描く戦争ドラマだ。その魅力を映画批評家の前田有一氏が解説する。

「CG全盛の現代に、あえてアナログな手法で撮られた映像の迫力につきるでしょう。海岸に集結した大軍のシーンでは6000人ものエキストラを使い、海に浮かぶ駆逐艦も本物。空戦の場面では稼働する当時の戦闘機にカメラを載せて実際に飛ばしました。これら骨董品のような機体や船体の修復だけでも数億円単位のカネをつぎ込んでいる。ハリウッドといえど、そんなムチャが許されるのはこの監督の映画くらいです。だから観客としても、せっかく見るならばとIMAXの大画面を選ぶのでしょう」

 アメコミ実写化やSF超大作のイメージが強い監督だが、今回は自身初となる歴史もの。CGを避け“本物”にこだわる撮影で戦場のリアリズムを再現し、観客に戦争の恐怖と兵士の勇気を伝えたかったと語っている。

「残念なのは、英国では国民的美談というべきこの史実自体が、多くの日本人にはピンとこないこと。この映画は誰もがよく知る“奇跡の現場”に観客を没頭させることを目指して作られたもので、だからこそ“本物”の映像にこだわっているのですが、そもそも欧州の観客ほどのめりこめない人が多いはずです。また監督の非デジタルへのこだわりは、CDとレコードの音質の違いくらい繊細なもの。その理想をハッキリと体感できる最新鋭の設備を持った劇場が、日本にはまだ少ない点も悩ましいところです」(前出の前田氏)

 決して万人向けじゃない題材ながら、実物にこだわる本物映像でカバー。戦争映画の金字塔となるか。

関連記事(外部サイト)