“賞特需”でオファー殺到 女優・鈴木紗理奈は株ストップ高

“賞特需”でオファー殺到 女優・鈴木紗理奈は株ストップ高

「主演女優賞」の貫禄(C)日刊ゲンダイ

 今年7月にスペインで開催されたマドリード国際映画祭で「最優秀外国映画主演女優賞」に輝いたタレントの鈴木紗理奈(40)の株がストップ高だ。映画初主演作「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督、11月4日公開)の演技が評価され、凱旋帰国を果たすと“賞特需”で情報番組へ出演するなど順調そのもの。

 しかし、それ以上に「凄まじい勢いで女子力がアップしている。彼女はもともと流行に敏感なタイプですが、この日も赤いリップを引いた秋の流行メークを取り入れ、いつも以上にきらきらと輝いていました。同世代の女性から共感や好感を持たれるタレントさんになりましたよね」(女性誌編集者)。

 24日の完成披露上映会では、「本当に感性が鋭い」と共演者のひとりでベテラン女優の赤座美代子(73)やジャッキー監督からベタ褒めされていた紗理奈。今作では、脳性まひの娘と認知症とうつ病を併発した郷里の母親に挟まれながらも、ひたむきに生きる女性に挑んだ。ただでさえ「女優の経験が浅い」と本人が明かすように、役作りは一筋縄ではいかなかったはずだ。上映会の最後には涙を流しながら、こう締めくくった。

「私事でごめんなさい……。子育てしながら仕事をする中で、母に支えてもらって頑張る日々がありました。今回賞が取れてお母さんにも恩返しができました」

 働くシングルマザーのかがみとしてポジションの確立なるか。

関連記事(外部サイト)