アラフィフでも芸人根性健在 いとうあさこの“全方位的”安定感

アラフィフでも芸人根性健在 いとうあさこの“全方位的”安定感

ブレークしたのは39歳と遅咲き(C)日刊ゲンダイ

 下着姿や尻出しなど女を捨てた体当たり芸を「世界の果てまでイッテQ!」で見せたかと思えば、「ヒルナンデス!」では社交ダンスの猛特訓をしたり、「メレンゲの気持ち」ではゲストを交えてトークをしたりと、いろんな役回りでたくさんのレギュラー番組に出演するタレントのいとうあさこ(47)。テレビで見ない日がないほどの人気者だが、ブレークしたのは39歳と遅咲きだ。

 ピン芸人になったのは33歳。バイトをしながら芸人を続けたが、ウケなかった。しかし、30代後半になるとアニメ「タッチ」のヒロイン南ちゃんに扮し「浅倉南、39歳。最近イライラする」の自虐ネタのリアリティーがウケ始めた。その後は“アラフォー女芸人”としてどんどんテレビ出演機会が増えていく。

「その彼女もそろそろアラフィフと言われる年齢ですが、誰とでも仲良くやる性格や、どんな仕事でも嫌がらずやる芸人根性でますます起用される機会が増えてきている」(お笑い関係者)

「ヒルナンデス!」では今後、トレンディエンジェルの斎藤とコンビを組んで社交ダンスに挑戦する企画も始まる。

「これは13年にオリラジの中田とコンビを組んで社交ダンス1級、D級を目指す企画が人気だったから。ですが、普通は同じ企画を焼き直す場合は“他の人で”となることが多いのに、再び指名されたのは局側の期待の表れでしょう。イモトの代役で『イッテQ!』の珍獣ハンターに起用されたのも“いとうなら”という信頼があるからです」(テレビ局関係者)

 8月の24時間テレビで「イッテQ!」の女芸人たちが耳の不自由な子供たちとコンビネーションマリンバに挑戦した際も、いとうは積極的に子供たちと接していた。番組の制作側からすれば、いると助かる、何とかしてくれると思われている存在なのは間違いない。

「R―1」では03年以来、5年連続準決勝進出。10年には決勝に進出しているが、その後はコンテスト系にはあまり積極的ではなかった。しかし、女芸人ナンバーワンを決める日本テレビの「THE W」にはエントリーするかもしれない。

「いとうのレギュラーはほぼ日テレ系ですからね。出演要請があってもおかしくない」(前出のテレビ局関係者)

 47歳の女盛り。出場すれば台風の目になる。

関連記事(外部サイト)