テレ朝が当てた“老人鉱脈” 「やすらぎの郷」枠の今後は?

テレ朝が当てた“老人鉱脈” 「やすらぎの郷」枠の今後は?

「やすらぎの郷」制作発表記者会(C)日刊ゲンダイ

 テレビ朝日系「やすらぎの郷」が最終コーナーを回り、壮絶なラストスパートを見せている。

 最終週25日の放送回では実名こそ伏せているが、昭和を代表する大女優・大原麗子の孤独死を取り上げ、本人の肉声と写真を放送。功績を残した芸能人専用の老人ホームを創設した理由を明かしたのだ。おまけに、来月2日からスタートする黒柳徹子原案「トットちゃん!」の主演も務める清野菜名(22)の出番を増やし、入浴シーンや石坂浩二(76)との老いらくの恋をにおわせたり……。“高齢者向け”と銘打ったエポックメーキングなドラマは、最後まで見逃せない展開なのである。

 脚本の倉本聰氏は今年4月の番組開始当初からNHK朝ドラに対抗するべく、帯ドラマにこだわり、昨今のテレビ業界や若い世代に活を入れてきた。介護、レイプ、年の差婚、相続、震災、ボケ、人の死といったさまざまな社会問題を取り扱ってきた。「題材はシリアスでも、ドラマは一貫してベテランの役者によるコメディーだった」と振り返るのは、コラムニストの桧山珠美氏だ。こう続ける。

「台本や演出に加えてベテランの役者陣がいい味を出し、倉本さんが描く世界観を見事に形にしていました。八千草薫や藤竜也以外は最近ではあまりお目にかからない役者ばかりでしたが、いずれも演技派揃い。再発掘につながった気がします。またテレ朝にとっても再放送や総集編といった朝ドラの手法も取り入れ、非常にチャレンジングな企画になった。10月からの『徹子の部屋』から『トットちゃん!』という“徹子ジャック”も期待しています」

 相棒、科捜研、ドクターXに並ぶ新しい看板をつくるべく、テレ朝は来年1月期もなかなかのタマを用意しているようで――。

「『トットちゃん!』の次は、元宝塚でシャンソン歌手の越路吹雪の生涯を描いた作品になるようです。元祖『愛の讃歌』の歌い手だけに、主題歌やエンディング、挿入歌、はたまた役者として美輪明宏を投入すれば話題を呼ぶでしょう。テレ朝は『やすらぎの郷』で高齢者向けのドラマでは数字もCMも期待できないという業界の定説を打ち破った。シニア世代こそ購買欲の高い時代ですからね。シニア向けの昼ドラはビジネスとしても大成功といえるでしょう」(大手代理店関係者)

 探せばまだまだ金の鉱脈は眠っているのである。

関連記事(外部サイト)