総選挙とバッティング 篠原涼子主演フジ「月9」ドラマの不運

篠原涼子主演のフジテレビ月9ドラマ、衆院の解散・総選挙と重なり脚本を練り直しか

記事まとめ

  • 篠原涼子主演のフジテレビ月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』
  • 衆院の解散・総選挙の真っただ中に篠原が市議会議員挑戦するという物語が始まることに
  • 『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命』が絶好調だったため、不安視されているよう

総選挙とバッティング 篠原涼子主演フジ「月9」ドラマの不運

総選挙とバッティング 篠原涼子主演フジ「月9」ドラマの不運

衆院解散で思わぬトバッチリ(C)日刊ゲンダイ

 何ともタイミングが悪いようだ。10月16日スタートの篠原涼子(44)主演のフジテレビ月9ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」のことである。

 主人公は夫と保育園に通う子供と家族3人で団地住まいをする平凡な主婦。これを篠原が演じているのだが、ある日、職場をクビになってしまう。職探しをするうちに、知ったのが「市議会議員」という仕事。高額な報酬を目当てにイチかバチか立候補する――というフジのオリジナルストーリーである。

 そこで不安視されているのが、ドラマの“スケール感”だ。現実世界では、衆院の解散・総選挙が迫っていて、10月10日公示、22日投開票というスケジュールが決定。ちょうど、国政選挙の真っただ中に、篠原が市議会議員に興味を持ち、それに挑戦するという物語が始まることになる。

「ドラマは世の中を映し出す鏡。それがヒットの基本です。世間が国政選挙で大騒ぎする中、誰が市議会選挙に興味を持つのか。間が悪すぎるんです。しかも、市議会議員といえば、最近は不倫や経費横領などの問題が話題になるばかり。あまりにレベルが低く、視聴者にそれほどの関心があるのか、内部からも疑問の声が出ている」(フジテレビ関係者)

 月9といえば、7月クールの「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」が絶好調で、全話の平均視聴率が14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、同クールの連ドラで視聴率1位になったばかり。月9復活を印象づけただけに、次が大切になってくる。

 主演の篠原サイドとしても、今回の作品は絶対に失敗できない正念場だ。これまで「ハケンの品格」(日テレ系)、「ラスト・シンデレラ」(フジ系)など主演作がヒットしてきたが、ここ最近はヒット作がないからだ。

「2015年に主演した『オトナ女子』(フジ系)では全話1ケタ視聴率と、まさかの数字となってしまった。今回コケれば、オワコン扱いです」(前出のフジテレビ関係者)

 現在、ドラマスタッフは総選挙とのバッティングを考慮し、脚本をイチから練り直しているという。果たして、間に合うのか。

関連記事(外部サイト)