東京五輪キャスター有力候補? おめでた田中理恵の明るい未来

元体操選手の田中理恵さん、東京五輪のキャスター有力候補に? SNSで妊娠を報告

記事まとめ

  • 元体操選手の田中理恵さんが、SNSで妊娠5カ月であることを報告した
  • スポーツキャスターとして活躍し、東京五輪組織委員会の理事を務め仕事も肩書も増加
  • 今年1月には、50億円の売り上げを計上する太陽光発電事業の社長とのセレブ婚が話題に

東京五輪キャスター有力候補? おめでた田中理恵の明るい未来

東京五輪キャスター有力候補? おめでた田中理恵の明るい未来

幸せ街道まっしぐら(C)日刊ゲンダイ

 身重の体で大忙しだ。元体操選手の田中理恵(30)である。現在はスポーツキャスターとして活躍するだけでなく、東京五輪組織委員会の理事を務めるなど仕事も肩書も増加中。自身のSNSで妊娠5カ月であることを報告した25日は、2020年東京五輪の新グラフィック発表会に出席。

 続く27日は、東京2020オフィシャル商品「明治プロカル」発売記念「スマイルリレープロジェクト」キックオフ小学校特別授業に登場し、泰明小学校(東京・銀座)に通う4年生の児童らとともにパラ競技の「ボッチャ」を体験した。同イベントは2時間近くに及んだが、終始笑顔。「田中のお姉さんがとってもきれいだった!」(参加した女子児童のひとり)と羨望のまなざしを浴び、美人アスリートとして人気を博した実力をいかんなく発揮したのだった。

「支援する側として、東京五輪が成功できるよう頑張っていきたい」と、意気込んだ田中。13年12月の現役引退後は、母校である日体大の児童スポーツ教育学部助教に就任し(今年3月末に退職)、後進の育成にも尽力してきた。

 放送ジャーナリストの小田桐誠氏が言う。

「現役時代からメディアの質問によどみなく、的確に受け答えする様子が印象的だった。彼女はコミュニケーションの取り方が非常にうまいのだと思う。コミュニケーション能力に長けているのは、聞く力があるということ。しかも、マイナー競技からの脱却を図るべく、広告塔も担ってきた。持ち前の愛嬌とスキル、そしてこれまでに培った経験はデカい。今後、出産や子育てという貴重な経験をすることで人間として奥行きが広がるはず。東京五輪ではこれまで以上に活躍するキャスターになるのではないか」

 今年1月には、50億円の売り上げを計上する太陽光発電事業の社長とのセレブ婚が話題になったが、幸せ街道まっしぐら。来春には、最強のアスリート出身美人セレブママ・キャスターの誕生だ。

関連記事(外部サイト)