エロネタはテレビNG “ゲスドル”中村愛がひた走る独自路線

エロネタはテレビNG “ゲスドル”中村愛がひた走る独自路線

ネットや執筆活動で独自路線を走る(C)日刊ゲンダイ

 女芸人の新ジャンルとして最近注目されているのが「下ネタ芸」。劇場やローカル局の深夜番組などでしか見られないのでメジャーなお笑い番組しか見ない人にはほとんど知られていない。そんな下ネタ芸人の中でも、ゲスいアイドル「ゲスドル」兼お笑い芸人としてネットを中心に絶大な人気を誇るのが中村愛(31)だ。

「人気の中心がネットなのは、単にテレビでは放送できないようなエロネタを得意としているからです。“濡れちゃう”とか“太くて硬いの”とか“オマンティス”とか卑猥な単語を連発しながら、ハンカチで隠した男の股間がグググ〜ッと持ち上がるというようなエロいマジックが持ち芸。なかなかテレビでは活躍できませんが、地元の名古屋ではかなりの有名人です。かなり美形で巨乳なので、ネタがエロくなければもっとテレビで使いたいとは思うんですが……」(テレビ関係者)

 1986年、名古屋市生まれの中村は高校卒業後、18歳で会社の受付嬢をしながら「恋のから騒ぎ」の最年少レギュラーとなった。清純派のフリーアイドルとして地元名古屋での活動期間を経て24歳で上京。下ネタ禁止の浅井企画のオーディションに3度目で合格して、手でセックスを表現する“手ックス”などのゲスドル活動をスタートさせる。

「そもそも『ゲスドル』の名付け親は劇団ひとり。そのしゃべりは一部の通に高い評価を受けていたのですが、いかんせんテレビでオンエアできない。平井理央アナや鈴木奈々のモノマネなど、テレビ向きの芸を磨いてテレビ出演を増やしていったのですが、本来の面白さを発揮できなかった。今は、ネットやラジオ、執筆活動で独自路線を走っています」(お笑い関係者)

 2年前には日刊ゲンダイの「貧乏物語」にも登場し、男と別れるたびに取得した資格が20近くあり、その資格取得のために200万円くらい費やしていると語っていた。今では大型二輪やトラック免許の資格を生かしてテレビやラジオに出演するなど、資格も仕事に生かしている。

 現状、エロネタはユーチューブの公式チャンネルで発表し続けていて、チャンネル登録数は5万人超とファンは多い。「THE W」にエントリーするなどして、ダメモトでエロ芸を披露すれば活路は見いだせるはず。このまま埋もれるのは惜しい芸人だ。

関連記事(外部サイト)