DJ KOOに山瀬まみ…アラフィフ芸能人の病気発覚が相次ぐワケ

DJ KOOや古村比呂、山瀬まみ、アラフィフ芸能人の病気発覚が相次ぐ 3人には共通点も

記事まとめ

  • ここ連日、DJ KOO、古村比呂、山瀬まみと、芸能界から病気やケガの報告が続いている
  • DJ KOOは脳動脈瘤が見つかり、古村は子宮頚がん、山瀬は転倒し両足を骨折
  • 3人の共通点は"中年後期の検診の重要性"と"早めの受診がリスクを軽減できる"とのこと

DJ KOOに山瀬まみ…アラフィフ芸能人の病気発覚が相次ぐワケ

DJ KOOに山瀬まみ…アラフィフ芸能人の病気発覚が相次ぐワケ

(左上から)古村比呂、山瀬まみ、DJ KOO(公式ウェブサイトから)

 ここ連日、DJ KOO(56)、古村比呂(51)、山瀬まみ(47)と、芸能界から病気、ケガの報告が続いている。

 DJ KOOは医療系番組の収録で「脳動脈瘤」が見つかり、今月、手術をしていたことを公式サイトで発表。手術は成功し、現在は自宅療養中で、時機を見て仕事に復帰するという。

 また、古村は「子宮頚がん」で抗がん剤治療を行っていたことを告白。古村は5年前にも子宮頚がんを患い、子宮を全摘出している。今回は、2月の定期検診で再びがんが見つかったという。その後は抗がん剤や放射線治療を続け、7月下旬には腫瘍マーカーが正常値に回復。10月スタートのテレ朝系ドラマ「トットちゃん!」には出演する予定だ。がんは5年間何もなければ寛解というとらえ方もあるのだが……。医師で作家の米山公啓氏はこう言う。

「KOOさんは、回復の様子から比較的軽度だったのではないかと思われます。動脈瘤の位置など条件によりますが、おおむね、大きさが5ミリを超えると切除を検討、10ミリを超えると強く手術をすすめる場合が多いです。古村さんの場合は、相当の期間を経ていますから、がんの“再発”というよりも“新しいがん”ができたという見方をする場合が多いです。検診のおかげで早く見つかったことが幸いしたといえます」

 山瀬は21日の番組収録中に転倒、両足を骨折し全治3カ月と診断された。28日に収録予定だったテレ朝系「新婚さんいらっしゃい!」を欠席することを発表。これまで番組に一度も穴をあけたことのない山瀬にとって、痛恨の極みだろう。

「女性は更年期前後からカルシウムが激減し、ちょっとしたケガで骨折することがある。山瀬さんもそういう背景があって、いきなり骨折されたのではないでしょうか。50代前後になったら骨粗しょう症の検査をして、早めに薬を処方してもらうのがベター。若いほうが効果のあがる薬も多いのです。3人に共通しているのは、“中年後期の検診の重要性”と“早めの受診がリスクを軽減できる”ということでしょう」(前出の米山氏)

 アラフィフは参考にしたほうがいい。

関連記事(外部サイト)