芸能マスコミが血眼 安室奈美恵“引退劇の黒幕”は今どこに

引退の安室奈美恵を山口百恵さんやキャンディーズに重ねる報道 引退劇の黒幕存在か

記事まとめ

  • 突然の引退発表で世間の耳目を集める安室奈美恵を巡り、様々な臆測が飛び交っている
  • 今回の引退劇について、山口百恵さんやキャンディーズをなぞらえる報道は少なくない
  • 引退を標榜し、今後1年の間にアルバムなどを売りまくるという思惑があるとの見方も

芸能マスコミが血眼 安室奈美恵“引退劇の黒幕”は今どこに

芸能マスコミが血眼 安室奈美恵“引退劇の黒幕”は今どこに

さまざまな臆測が飛び交うが…(C)日刊ゲンダイ

 突然の引退発表で世間の耳目を集める安室奈美恵(40)について、いまだにさまざまな臆測が飛び交っている。

 発売中の週刊新潮では「引退は美談か」との見出しで特集を掲載。そこで探っているのは、来年の9月16日で引退し、それまでアルバムやコンサートを頑張るとしつつ、肝心の引退理由を何も明らかにしない安室に何があったのか――ということである。

 今回の引退劇について、山口百恵やキャンディーズをなぞらえる報道が少なくないが、同誌によると、それらとは真逆。実際は引退を標榜し、今後1年の間にチケットやアルバムを売りまくるという思惑が透けて見える――との見方を紹介。こうした戦略の“絵”を描いた人物として、50代の大物プロモーター・A氏を挙げている。

 A氏は10年ほど前から安室のコンサートやツアーを取り仕切り、彼のイベントプロデュース会社は年商180億円にも上るとされる。安室はA氏と30代になる直前に出会い、トークなしで歌いまくるという現在のコンサートスタイルを考案したり、前所属事務所のライジングプロからの独立騒動の際も、ウラで動いていたともみられている。

■ディズニーランドで目撃情報も

 A氏に着目したのは新潮だけではない。発売中の週刊文春も、安室引退の「全真相」との特集のなかで取り上げていて、今年5月には東京ディズニーランドに安室がお忍びで遊びに来ているところを一般客が写真に撮り、ツイッター上に投稿したところ、そこにA氏が写り込んでいたとする情報も載せている。

「安室が引退を発表した直後から、芸能マスコミが血眼になって、A氏を探し回っているんです。なぜなら、A氏が今回の引退劇の“キーパーソン”にほかならないから。しかし、マスコミの取材を避け、身を隠しているのか、全く行方がわかっていません」(芸能リポーター)

 報道が過熱する中、安室サイドは公式サイトで〈一部マスコミの方で、私人である家族や、スタッフの自宅、職場などに過度な取材が連日続いております。マスコミの皆様どうかお願いです、家族、スタッフに対する過度な取材を止めていただけないでしょうか〉と呼びかけている。

 引退の真相が明らかになる時はくるのか。

関連記事(外部サイト)