安室&桑田の紅白出場は…NHK局内によぎる1年前の“悪夢”

桑田佳祐と安室奈美恵の『NHK紅白歌合戦』出場めぐり、NHK内に"SMAPの悪夢"がよぎる

記事まとめ

  • 今年の『NHK紅白歌合戦』は桑田佳祐と安室奈美恵という"大きな爆弾"を抱えているそう
  • 昨年15分の枠を空けてギリギリまで交渉したSMAPの"悪夢"がNHK内によぎっているという
  • 結局SMAPは出演せず、空いた枠を埋めるべく、タモリとマツコ・デラックスが走り回った

安室&桑田の紅白出場は…NHK局内によぎる1年前の“悪夢”

安室&桑田の紅白出場は…NHK局内によぎる1年前の“悪夢”

桑田佳祐と安室奈美恵(C)共同通信社

 今年のNHK紅白歌合戦はどうなるのか。今後、年末に向けて、司会や出場歌手が徐々に明らかになっていくのだが、今年は2つの“大きな爆弾”を抱えているという。ひとつは朝ドラ「ひよっこ」の主題歌を歌う桑田佳祐(61)、もうひとつは電撃引退を発表した安室奈美恵(40)だ。ともに超大物歌手で、出場すれば最大の目玉になることは間違いない。

 ただし、出場の確約はなく、NHK内には、ある“悪夢”がよぎっているという。昨年解散したSMAPのことである。NHKサイドは“花道”として15分間の特別枠を空けて、大みそかのギリギリまで、ジャニーズ事務所と交渉。だが、最終的に出演は実現しなかった。

 その空いた枠を埋めるべく、SMAPに代わって、走り回ったのが審査員のタモリ&マツコ・デラックスだった。2人は番組冒頭から最後まで、会場のNHKホール周辺を徘徊したのだが、不可解な“やりとり”の連続で、視聴者も目がテンになったはずだ。今年も同じようなことが繰り返されてしまうのか。すでに、NHKサイドは安室に対して、昨年と同じく15分間の特別枠を用意しているともいわれている。レコード会社関係者がこう言う。

「安室はアーティスト気質が強く、一度首を縦に振らなかったら、そのまま出ない可能性が高い。NHKリオ五輪放送のテーマソング『Hero』を歌ったことから、昨年の紅白でも出演オファーをしたにもかかわらず、結局、袖にしています。今年、スンナリ出場が決まればいいですが、拒否した場合、NHKサイドとしては、いつまで出演交渉を続けるのか。大みそかギリギリまで粘れば、昨年同様、番組全体の演出に大きく影響が出てきます」

 一方、桑田は8月に放送されたNHK「SONGSスペシャル」に出演。「ひよっこ」メンバーとも共演している。紅白本番でも「ひよっこ」との“コラボ”が実現すれば、間違いなく話題になりそうだ。

「NHK会長が5月の定例会見で、桑田が歌う主題歌について『歌詞が意味不明』と発言し、それが本人の耳にも入っている。それがどう影響するのか。しかも、桑田は横浜アリーナで年越しライブを行う予定で、紅白に出るとなると、そこからの中継になる。同じアミューズ所属の福山雅治もパシフィコ横浜で年越しライブをする予定で、紅白は中継となる。同じ事務所から2組も、そんなワガママが許されるのかという声も上がるでしょう」(スポーツ紙記者)

 昨年に続き、波乱含みの紅白となりそうだ。

関連記事(外部サイト)