表記違えど“ダイゴ”も多い…芸能人「似た名前」に大困惑

表記違えど“ダイゴ”も多い…芸能人「似た名前」に大困惑

大悟とDAIGO(C)日刊ゲンダイ

芸能界にはなんとなく似た名前が多い。黒木瞳と黒木香、遠藤憲一と滝藤賢一、高橋克典と高橋克実というように。坂井真紀、酒井美紀、水野美紀、水野真紀などもうワケがわからない。

 おまけに、昨今はみちょぱ、ゆきぽよだの、はあちゅう、あいみょんだのと名前だけ(?)のタレントや歌手が多く、さらに難易度が高くなった。

 なかでもややこしいのが「ダイゴ」。“竹下総理の孫”のDAIGOにメンタリストのDaiGo、「千鳥」の大悟。それぞれ表記は異なるものの、ダイゴはダイゴ。混乱している人も多いのではないか。

「表記の場合、千鳥の大悟はともかく、DAIGOとDaiGoはややこしいし、耳で聞くと全部一緒。大悟は“千鳥の”が必要だし、DAIGOは竹下総理の孫、北川景子と結婚した、あるいはウィッシュのと修飾をつけないとわからないし、DaiGoはメンタリストが必要です」(テレビウオッチャー)

 DAIGOがテレビに出てきたのは2007年。ミュージシャンとしては鳴かず飛ばず、七光を前面に押し出してブレークした。一方、DaiGoがメンタリストとして本を出したのが11年。当時はテレビと活字の世界だからかぶらないと思ったかもしれないが、本が売れてテレビでも活躍するようになって、「どっちのダイゴのこと?」状態が続いている。

 いっそのこと、ロンドンブーツ1号2号をマネてダイゴ1号、ダイゴ2号、ダイゴ3号と名乗っちゃったら。それで話題にもなるし。

関連記事(外部サイト)