実は飲めないほう…SABU監督が振り返る酒の“酷い思い出”

実は飲めないほう…SABU監督が振り返る酒の“酷い思い出”

SABU監督(C)日刊ゲンダイ

 最初は俳優としてスタート、1996年に映画監督デビューして以来、数々の話題作を世に送り出してきたSABU監督。風貌から酒豪のイメージがあるが、本人いわく「僕は飲めないんです」。

 しかし、酒にまつわる話は尽きない。

 どうもね、だいぶ飲めそうに見えるらしいんですよ。なので、いろんな方からお誘いいただくのですが、実は飲めないんですよね。もちろん酒席には出るし、朝まで付き合うこともあるけど、たくさん飲むと気分が悪くなってしまう。でも、最近はおいしいお肉を食べているとワインが合いそうだとか、寿司を食べていると日本酒だとか、料理に合わせて酒が欲しくなるというのはすごくわかりますね。

 若いころはやっぱりかっこよく酒を飲みたいと思ったし、酒を飲むのは大人っぽいなんて思って飲み始めました。だから若いころは酷い思い出もあります。

 確かクリスマスのシーズンで忘年会だったのかな。寿司屋の2階で、音楽の仲間6人が集まって飲んでいた。そうしたらひとりがいきなり吐き出した。吐いた物がワーッと広がるでしょ。どうにか下に流れていかないように僕が両手でせき止めたんです。すごいでしょ? 実はその吐いたヤツは持病があってね。それなのに完全に酔っぱらってしまってグデングデン。僕はそいつの口の中に、吐き出したものが詰まると大変だと思って、とっさの判断で口の中にこの手を突っ込んだり、お手拭きタオルを突っ込んだりして、窒息しないようにしました。まったく危なかった。他の仲間はサーッと、その場から逃げるようにしていなくなりました(笑い)。

■最後は空き地に捨てて…

 それで、そいつを自転車の荷台に乗せて家まで連れて帰ろうとしていたら、運悪く、橋の向こうからパトカーがやって来た。怪しいと思われるといけないので通りがかりにあった空き地でそいつを捨てて(笑い)、すぐそばに落ちていた古い看板をそいつの上にかぶせて見えなくして、知らんぷりして帰りました(笑い)。翌日、様子を聞いたら、「なんかすごく背中が痛いっ! 石か何かにぶつけたのかな?」って言っていたのを覚えています。

 着ていたセーターは彼女が編んでくれたものだったらしいのですが、袖がビヨーンと伸びて、着られなくなってしまったって。動けなくなったそいつを僕がぐいぐいと引っ張った時に伸びちゃったんだろうね。

 最近は招待や打ち上げ場所が多くて、そういう時はウイスキーの水割りを飲みます。ビールはあまり好きじゃない。喘息持ちなんで飲むと調子が悪くなるから。ただ、水割りはグラスが空になりそうになるとつぎ足してくれるから、何杯くらい飲んでいるのかわからなくなるのが、ちょっと困るね。

 今度の映画で主演しているチャン・チェンとは台湾で火鍋を食べながら出演の話をしました。あの時は台湾だから青島ビールでした。今回のラストシーンは高雄で撮ったのですが、クランクアップして無事に終了した時は現場の道端で青島ビールで乾杯しました。あの時は酔って握手したりしてちょっと照れくさかった。感極まって泣きそうになるしね(笑い)。

関連記事(外部サイト)