藤吉久美子も落ちた…敏腕プロデューサーは最強のモテ男

藤吉久美子も落ちた…敏腕プロデューサーは最強のモテ男

松居一代と藤吉久美子(C)日刊ゲンダイ

 松居一代(60)の離婚会見は実に巧妙だった。

 朝8時半に設定した会見は民放各局のワイドショーの時間帯を狙ったのだろう。メディアに集まってもらうためには関心あるネタを事前に振る必要がある。それが前日の「船越(英一郎)は約束違反があった」という意味深なネタ。松居は以前、自著の出版会見を開いたときも、離婚の一因となった故・川島なお美さんと船越の関係の暴露などメディアが飛びつくネタを振っていた方。ワイドショー慣れした人は巧みに利用する術を知るものだ。まんまと乗った番組の司会者は「バカらしい」と言ったが、後の祭り――。

 松居が満面の笑みで離婚会見すれば、対照的に女優・藤吉久美子(56)は涙のダブル不倫釈明会見。「文春砲」の詳細過ぎる記事に対して「(部屋で)マッサージしてもらった」はあまりに苦しい弁明。後は「泣きじゃくって答えられない状況をつくった」といううがった見方もできる。そんな妻をかばうように夫の太川陽介(58)は「妻の行動は誰も信じないでしょうが、僕は妻を信じたい」と暗に妻の不倫を認めながらもオシドリ夫婦の絆を“ルイルイ”笑顔で強調した。太川は旅番組が主の明るさが持ち味のタレント。今後の仕事の継続を考えれば、深刻な顔は禁物。シナリオありきの対応と思うが、「神対応」と評価されたのだから成功と言えるだろう。むしろ、今回の藤吉の不倫で感慨深かったのが、不倫相手が朝日放送の現役プロデューサーだったこと。昔はプロデューサーと女優の組み合わせはよくあった。仕事を通じて恋愛に至る「社内恋愛」みたいなものだが、カタカナ職業がもてはやされた時代、モテる象徴が「プロデューサー」だった。実際、吉永小百合はフジ、三田佳子はNHKのプロデューサーと結婚している。

 彼らは決して肩書だけでモテているのではない。仕事もできる。プロデューサーの肩書に「仕事ができる」が加われば最強のモテ男。女優が惚れるのも無理ないこと。藤吉の相手はダブル不倫とはいえ「仕事はできる」と評されている。女優と熱愛するようなプロデューサーがいることは「番組が好調な証し」との声もある。かつて番組好調時のフジにはモテるプロデューサーが多くいた。熱愛、不倫、時には離婚ネタまで提供してくれたが、彼らは全盛時の「月9」や「夜のヒットスタジオ」など好調な番組の担当者でもあった。今のフジにモテるプロデューサーがいないことが(?)意外と低迷の一因なのかもしれない。
(二田一比古/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)