地上波レギュラー消滅 元SMAP3人“サブカル系”に転身必至

地上波レギュラー消滅 元SMAP3人“サブカル系”に転身必至

欽ちゃんのゴリ押し、ネット、映画だけでは…(C)日刊ゲンダイ

「あの3人がこれから芸能界でやっていけるのか、正直、まだ誰にも分からない」とは、ある民放キー局関係者だ。

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が古巣のジャニーズ事務所から独立を果たしてはや3カ月余り。再出発ののろしとなったAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」では数百万人の視聴者を集め、来年2月放映がスタートするサントリーのノンアルコールビールの新CMも決定。翌3月には大手レコード会社からCDデビューも内定し、続く4月には映画「クソ野郎と美しき世界」の公開も控えている。

 それはもうすこぶる順調かつド派手な活躍ぶりが目立つが、水面下で漏れ伝わってくるのは、それと裏腹な苦戦情報ばかりだという。

 前出のキー局関係者が続ける。

「地上波キー局での新レギュラー番組が相変わらず決まらないんです。香取は日本テレビが来年2月初旬に放送する『全日本仮装大賞』で萩本欽一とのダブル司会が決定しましたが、これはあくまで欽ちゃんのゴリ押しで実現したもの。日テレがキャスティングしたくてはめたわけではない。草なぎも年明けにNHKドラマが決まったものの単発出演。既に報じられているように、香取は『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)、草なぎは『ぷっすま』(テレビ朝日系)、そして稲垣は『ゴロウ・デラックス』(TBS系)とそれぞれMCを務める番組の打ち切りが内定している。3人にしてみれば欲しいのはやっぱり地上波のレギュラー。“腐っても地上波”で自分たちの存在価値をアピールできますからね」

■テレビ局がジャニーズに忖度か

「72時間ホンネテレビ」も視聴率として換算すれば2%足らずだといい、「ノンアルのCMだって所属事務所『カレン』の社長を務める飯島女史の手持ちのカードを使い果たした感がある。CDだって映画だって当たるかどうか全くの未知数です。地上波のレギュラー番組がないと日本のエンターテインメント界はかなり厳しいというのが実情。このままだとネットや映画でしか姿を見ない地下&サブカル系タレントに路線変更を余儀なくされかねない」(芸能プロ関係者)。

 一時は関西の準キー局でのレギュラー番組が決まったとの一報がテレビ界を駆け巡ったというが、「理由は分かりませんが既にその話は立ち消えになっています。ジャニーズが横やりを入れたなんてことはあり得ない。あるとすれば、ジャニーズをおもんばかった例のテレビ局の忖度。マスコミでいろいろと騒がれても変わらないのがテレビ局の体質です」(前出の芸能プロ関係者)。

 いっそのこと、日本を捨て、アジアを拠点にサブカル系アイドルとして活躍するのも「新しい地図」の歩き方かもしれない。

関連記事(外部サイト)