桐谷&三浦だけじゃない 芸能人カップル“引きこもり愛”の利点

桐谷美玲と三浦翔平、高畑充希と坂口健太郎も同じマンションに居住? 引きこもり愛か

記事まとめ

  • 熱愛中の女優の桐谷美玲と三浦翔平が、廊下を挟んで向かいの部屋に住んでいると報じた
  • 『とと姉ちゃん』の高畑充希も交際相手の坂口健太郎のマンションへと引っ越したそう
  • 宮沢りえとの交際を噂される森田剛も、りえのマンションに部屋を借りているといわれる

桐谷&三浦だけじゃない 芸能人カップル“引きこもり愛”の利点

桐谷&三浦だけじゃない 芸能人カップル“引きこもり愛”の利点

桐谷美玲と三浦翔平はマンションのお向かい(C)日刊ゲンダイ

 今どきの芸能人は、交際すると、どちらかの住む高級マンション内に別の部屋を借りたりするケースが多いという。発売中の女性セブンはその例として、目下、熱愛中の女優の桐谷美玲(28)と三浦翔平(29)が廊下を挟んで向かいの部屋に住んでいると報じた。ふたりのマンションのエントランスにはコンシェルジュがいたり、敷地内にはラウンジやパーティールームがあったり、居住フロアにしか止まらないエレベーターなどセキュリティーも万全だという。

 NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの高畑充希(26)も交際相手の俳優、坂口健太郎(26)のマンションへと引っ越し、宮沢りえ(44)との交際を噂されるジャニーズの森田剛(38)も、りえが娘と暮らすマンションに部屋を借りているといわれている。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「かつて菅野美穂さんと稲垣吾郎さん、岡田准一さんと宮崎あおいさんも同じマンションでしたし、これは少し前からの傾向だと思います。最近の高級マンションは地下駐車場のほか出入り口がいくつもあって、そこに住んでいると芸能マスコミが嗅ぎつけても、居住スペースに部外者は入れず、ツーショットを撮るのが困難至極。出入りなどを撮ることができても、芸能人にしてみれば同じマンションのご近所同士などと言い逃れができる。

 いわゆる熱愛発覚報道を避けられるだけじゃなく、マンション内に居住者向けの高級レストランやらプール、バーなども完備されていて、そこでデートすれば、わざわざ街に繰り出す必要もないのです。多忙な売れっ子同士のカップルにはうってつけ。大きなヤドカリに入っているようなもの。高額なギャラをもらう彼らならではの流行でしょう。敷地内での様子を激写するならもうドローンを飛ばすしかないという声も同業者から上がるくらいです」

 もっともこの傾向は結婚し夫婦になったカップルにも当てはまり、俳優の山本耕史(41)と結婚し第1子を出産、芸能界を引退した堀北真希(29)もそうしたセレブ生活を送っているという。

 今年は50代医師との不倫が発覚した女優の斉藤由貴(51)も、自宅近くに借りた斉藤のマンションでの密会を報じられた。斉藤の自宅で不倫相手が斉藤のパンティーを頭にかぶる写真が流出するなど、不倫場所も人目につかないマンションや自宅内が増えているのかも知れない。有名人の恋愛&不倫の最前線は引きこもりが主流のようだ。

関連記事(外部サイト)