“リア充演出”逆効果だった…元HKT48ゆうこすが語るSNS活用術

“リア充演出”逆効果だった…元HKT48ゆうこすが語るSNS活用術

SNSのフォロワーは80万人を誇る(C)日刊ゲンダイ

 小学生の憧れ職業第1位・ユーチューバーの有名人で、10〜20代女性に人気の“ゆうこす”こと菅本裕子(23)。SNSのフォロワーは80万人、自社ブランドのコスメを発売、著書「SNSで夢を叶える」(KADOKAWA)は1万7000部を突破。いまやリッパな実業家だ。そんな彼女のSNSとの始まりは最悪だった。

■「無理してでも演じていた」

 AKBグループで博多が拠点のHKT48を脱退した高校3年の夏、地元のテレビでファンと交際、未成年なのに飲酒・喫煙したという誤報が流れた。自らテレビ局に問い合わせると「Yahoo!知恵袋に書いてあったので」と言われたという。

「なぜこんな根拠のない作り話が報道されるのか、最初は抗議というよりも疑問で問い合わせました。一応テレビ局は訂正を入れてくれましたが、時すでに遅しで、誤報は拡散され、さらに拡大解釈されていました。とはいえ、一般人の私には火消しをしてくれる芸能事務所があるわけでもなく……自分で伝える手段がSNSしかなかったのです」

 そこで始めたツイッターは「おはよう!」と記しただけで「死ね」など心無いコメントがくる日々だった。

「それを打ち消すように『日々楽しい!』と、無理してでも演じていました。そうやって“リア充”を演じることが逆効果だったんです。アイドルをやっていたのは1年にも満たなかったので、CDデビューをしたわけでもありませんでした。今思うと、私は集団行動に向いていなかったのかもしれません。メンバーは中学生が中心で、1人になれないことが窮屈に感じたのは覚えています。初めての握手会ではすでに行列ができていて、アイドルらしい瞬間も味わいました。でも、ファンに向けて自分で企画したら握手会に来てくれた人はたった3人。アイドルのブランド力は絶大だったと気づかされました。

 そんな行き詰まった状態で、人気のあるSNSを見ているうちに人気分析ができるようになり、自分のSNSの方向性を『モテ』に定め、徐々に結果が出てきました。SNSでさんざんイヤな目にも遭ったのになぜ続けるのか、と聞かれますが、自分が好きなことに関して書いていると賛否両論も『そうだよね』って思えて気にならないんです。反対意見も『なるほどな』って受け入れられて、次の課題にできる。私の体験したことをSNSを通して伝えることがやりたいと思うようになりました」 

 著書ではSNSでの苦しい日々、どうやったらSNSでファンを増やせるかが具体的に記されており、ヘタなコンサルよりもよくわかると定評がある。

「ありがちなNG例は、『おはよう』の言葉と“寝起きの自撮り”です。これだと自分のファン以外は返事に困るし、拡散もされません。フォロワーを増やしたいなら、意味のないものを載せない。何か読んでトクする情報や、意味のある写真をつけるようにすべきです。ビジネスで考えたらすごく基本的なことですけど、なぜかSNSだとそれが抜け落ちている人が多いんです」

 今年は自伝、コスメ本、コスメブランドも立ち上げ、実業家として着々と成功。23歳とは思えないほどビジョンがしっかりしている。

「実は、最初にコスメ本のお話を頂いたんですけど、『今までのストーリーを踏まえたSNSのビジネス本を作りたいんです』と逆提案して、単行本を書かせていただきました。SNSでポジションを確立するためにはどうしたらいいのか、とにかく体験から教えたいという、私の原動力の源を知っていただきたかったのです。自分が好きなことをブレずに発信し続けていたら、共感し、仲間になってくれます。そのつながり、信用こそ、私の強みだと思いますし、皆さんに伝えたいSNSの魅力です」

 今はオリジナルのコスメを製品化に向けて進行中だそう。

「原価計算から、香りやテクスチャー、パッケージまで決めることがたくさんあるんだなと気づきました。また、アイドルになりたい女の子たちからの相談も多いので、ワークショップを不定期で開催しています。街でスカウトされて『月に30万円お給料出す』って言われたらおかしい。何もできない女の子にそんな金額を出すほうがあり得ないですよね。そういう初歩の部分から、事務所選びなども、自分の経験からアドバイスしています」

 進化していくSNSで、今後も“SNSアドバイザー”として活動していきたいという。

「最近まで、ビジネスマン向けにSNSの使い方を連載していましたが、『生の声を聞けて良かった』という人もいれば『インスタ女子のアドバイスなんて意味がない』とコメントする方もいらっしゃいます。でも、SNSはアンチを取り入れてこそ。最近はリアルタイム動画の通販が話題になっているので、通販動画にチャレンジして、何かしらのトップをとるのが目標です。1番になったらノウハウを伝えたい。SNSはたったひとりでも発信できる、夢をかなえる場所。その楽しさを教える伝道師でありたいと思っています」 

▽1994年、福岡県生まれ。2012年にアイドルのHKTを経てブロガーになるも、心無いコメントでどん底の生活を経験。現在、自らを「モテクリエイター」と称し、SNSのフォロワーは計80万人超の人気ユーチューバーの一人に。「東洋経済」のウェブマガジン連載など、同世代女子以外に、ビジネス面でも注目されている。近著に「SNSで夢を叶える」(KADOKAWA)がある。

関連記事(外部サイト)