綾瀬はるか人気ドラマ 映画化を公表できない“大人の事情”

綾瀬はるか主演の「奥様は、取り扱い注意」が映画化か 日本テレビ側が情報を遮断とも

記事まとめ

  • 綾瀬はるか主演、坂口健太郎も出演の「今夜、ロマンス劇場で」CMがTVで多く流れている
  • 綾瀬は今年、NHK「精霊の守り人」のほか日テレ系「奥様は、取り扱い注意」にも主演
  • 「奥様」は映画化が内定らしいが、日テレ側はフジテレビを意識し情報を遮っているとも

綾瀬はるか人気ドラマ 映画化を公表できない“大人の事情”

綾瀬はるか人気ドラマ 映画化を公表できない“大人の事情”

好評ドラマが映画化決定も…(C)日刊ゲンダイ

「公開初日まで1カ月半も先なのに、今からテレビCMを打つのは異例。絶対コケられないという覚悟を感じます」(映画ライター)

 正月映画でもないのに、綾瀬はるか(32)主演の映画「今夜、ロマンス劇場で」(2月10日公開、ワーナー・ブラザース映画配給)のCMがテレビでバンバン流れている。坂口健太郎(26)を相手に繰り広げるのは、オードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」を彷彿とさせるロマンチック・ラブストーリー。女性やカップルが楽しめること請け合いのデートムービーだ。

 綾瀬は今年、年明け早々に始まったNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2の他、現在放送中の同ドラマの最終章、更に10月期クールはドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)に主演。元特殊工作員のセレブ妻を好演した。このドラマ、作家の金城一紀氏の原案・脚本とあって、スリリングかつ先の読めない展開に引き込まれる視聴者が続出。最終回は視聴率14・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし有終の美を飾った。

 そんな佳作だけに「すでに来年8月公開で映画化が内定。ドラマでは綾瀬のお色気シーンは控えめでしたが、劇場版では増やす方向で動いている」(日テレ関係者)とか。

 オトーサン世代には「今夜――」よりも「奥様――」の方が楽しめそうだが、まだ映画化を大っぴらにできない事情があるという。前出の日テレ関係者が頭を抱える。

「3月放送のフジテレビの単発ドラマに綾瀬が出演する予定なんです。映画化を公表すると、少なからず綾瀬に注目が集まり、その結果、フジのドラマの前宣伝にもつながるためPR効果が分散してしまう懸念が日テレ側にある。いまは発表のタイミングを見計らっている状況です」

 “大人の事情”が人気ドラマの映画化情報を遮っているということらしい。来年も映画にドラマに大忙しの綾瀬。3月で33歳を迎えるが不思議なことに男性関係の話題は漏れ伝わらず。謎だらけのプライベートにも“大人の事情”が絡んでいるのか……。


関連記事(外部サイト)