マツコ番組で話題 熊本の美人アナ・常盤よしこってどんな人?

『マツコの知らない世界』で熊本の美人アナ・常盤よしこが話題に

記事まとめ

  • 『マツコの知らない世界』で注目された熊本のフリーアナウンサー、常盤よしこ
  • 熊本の“ギョーザの家”を紹介した際の写真が『秘密のケンミンSHOW』に使われたことも
  • 熊本の温泉はほぼ体験済みで、休日に温泉に行き裸の時に声をかけられたという

マツコ番組で話題 熊本の美人アナ・常盤よしこってどんな人?

マツコ番組で話題 熊本の美人アナ・常盤よしこってどんな人?

地元密着アナならではの珍エピソードも(C)日刊ゲンダイ

 今、地方アナ出身のフリーアナが人気だ。そこで「マツコの知らない世界」で注目された熊本の美人アナ、常盤よしこ(31)を直撃。美人なのにアクティブな地方アナの世界とは!?

 大学を卒業し、地元RKKラジオのキャスターに。その後フリーアナウンサーとして熊本で活躍している。

「初仕事は無線の免許を取りにいくことでした。中継車でリポートするために、無線の免許が必須だったんです。講習会はタクシー運転手のオジサンがほとんどで、若い女の子なんて皆無でした。当時はマイ地図帳を作り、日々リサーチ。熊本で人気の“ギョーザの家”をメディアで一番最初に紹介したこともありました。畑の中にポツンとお店があって、なんだろうと休日に自腹で食べに行ったんです。当時の写真が『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)で紹介されたのですが、他局だからかな、私の顔がモザイクになっていました(笑い)」

 そんな地道なデータ収集が実を結び、2015年に「マツコの知らない世界」(TBS系)の“グルメリポーターの世界”で、熊本代表に抜擢された。

「地方アナの“あるある話”を聞かれましたが、熊本を出たことがないのでマツコさんの番組で初めて気づいたことも多かったですね。料理映像で、具を見せる“箸上げ”は私たちの仕事。でも、キー局では全部ADさんがやってくれるんですね!手元も写るので、派手なネイルはしません。地方だと番組によってほとんどおまかせの場合もあるので、細かな下調べのために、入り時間も早くなりがちですね」

■温泉で裸の時に「常盤さんですよね?」

 熊本は温泉取材も多く、珍エピソードも。

「入浴シーンはもちろん、手元を写したイメージ映像モデルもやるので、長時間お湯に漬かります。熊本の温泉ならほぼ体験済みですから、体を張ったデータで温泉のことなら任せてください。そうそう、休みの日に母と温泉に行ったら『常盤さんですよね?』って裸の時に声をかけられて。番組が平日昼間放送のため主婦や高齢者の方が顔を覚えてくださってくれて、スーパーの特売とか、かなり間抜けなところで声をかけられることも多いんです。地元密着だけにありがたいことですが」

 地方局アナブームに乗って全国区進出はあるのだろうか。

「そんな、上京するなんて。でも……ご依頼があればどこでも行きます!」

▽ときわ・よしこ 1986年、熊本県生まれ。地元の大学を卒業後、熊本RKKラジオのキャスターを3年間務め、フリーに。くまもと県民テレビの人気番組「テレビタミン」では食いしん坊の孫娘役で人気。2015年に「マツコの知らない世界」に出演し、知名度が高まる。現在は地元のテレビ局を中心にフリーアナウンサー、タレントとして活動。


関連記事(外部サイト)