息子めぐり袋叩き…ユンソナに芸能界引退&カナダ移住説

ユンソナ、長男がいじめ加害者との報道で韓国で批判 芸能界引退とカナダ移住の報道も

記事まとめ

  • 人気男性アイドルの自殺で揺れる韓国芸能界でユンソナの引退&移住騒動が起こっている
  • 今年4月にユンソナの長男がいじめ加害者との報道がありユンソナは大バッシングされた
  • バッシングは収束せず、家族とともに韓国を離れカナダに移住することを決意したという

息子めぐり袋叩き…ユンソナに芸能界引退&カナダ移住説

息子めぐり袋叩き…ユンソナに芸能界引退&カナダ移住説

芸能界に未練はないとの見方も(C)日刊ゲンダイ

 人気男性アイドルの自殺で揺れる韓国芸能界で、今度は引退&移住騒動だ。

 その渦中となっているのがユンソナ(42)。バラエティー番組などで日本でもタレント活動をしていたユンソナは2006年に韓国人実業家と結婚、08年9月に第1子の男児が生まれている。芸能界引退と移住の報道はこの長男をめぐるものだ。

 中央日報日本版などによると、ソウル市内の私立小学校でことしの4月、3年生の男児が同じクラスの男児4人からいじめを受けたとして騒動に。この加害者のひとりがユンソナの長男であると、韓国の放送局SBSが報じ、ネットなどでのユンソナ大バッシングへとつながっていった。

 ユンソナは所属事務所を通じ「多くの方々に心配をかけて申し訳ない」と謝罪しつつ、「報道内容は事実と相当部分違いがある」とコメントしたが、バッシングは収束せず。そこで家族とともに韓国を離れ、カナダに移住することを決意。すでに法的手続きを終えたそうで、ユンソナの側近が「ユンソナは今回の件で心に大きな傷を負った。芸能界に未練はないように見えた」と話しているという。

 何かあるとメディアや世論から袋叩きにされ、タレントには逃げ場もないとされる韓国芸能界の体質は、何も変わってはいないようだ。


関連記事(外部サイト)