デビュー秘話が話題 吉川晃司が貫くプロ根性と開拓者精神

デビュー秘話が話題 吉川晃司が貫くプロ根性と開拓者精神

第三者になりすまし「広島に天才いるぞ」(C)日刊ゲンダイ

 歌手のほか俳優としても活躍中の吉川晃司(52)のデビュー秘話とプロ魂が反響を呼んでいる。1984年のシングル「モニカ」から、ヒット曲連発の売れっ子になった吉川だが、芸能界には、自らを売り込んで、デビューのきっかけをつくっていたというから驚きだ。

 広島の修道高校に在学していた吉川は水球選手で全国区の記録を残し、バンド活動も行っていたことで知られる。佐野元春のコンサートに触発されて歌手デビューを志したものの、芸能界にツテはなく、地方ではスカウトを待っていてもはじまらない。そこで第三者になりすました推薦状を芸能プロ各社に送付し、「広島に天才がいるぞ。すごいやつだから見に来ないと一生悔いを残す」などと書いていたという。

 実際に才能があったからこそのデビューであり、ハッタリではなかったのだが、「夢を持ってやろうぜ。親がどうとか、学校がどうとか、関係ない。自分がどうするかだ」などと当時語っていた通り、自ら行動し夢を実現していたのである。25日、NHK昼ワイド「ごごナマ」にゲスト出演した際に明かし、こう言った。

「決められたレールの上を走るより、外れた道を行く方が世の中に問題意識を持てていいと思った。自分で言うのもなんですけど、ちょっと変わってたんです」

■喉にできた声帯ポリープが発覚

 芸能プロデューサーの野島茂朗氏は言う。

「第三者になりすまして自らを売り込み、デビューにつなげた例では、80年代アイドルのひとり、伊藤麻衣子さん(現・いとうまい子)がいます。82年にミスマガジンコンテストの初代グランプリを受賞した際、発行元の講談社にたくさんハガキを送っていたことで知られています。吉川さんは高校時代、ライブハウスでアルバイトをして、『44マグナム』の楽器のセッティングを通して、ギタリストの広瀬さとしさんと知り合い、のちにバックバンドに迎えたりしている。きっかけや人脈づくり、行動力でも抜きんでていたのです」

 ことしの夏には喉に声帯ポリープが見つかり、主治医から除去手術を勧められていることも明かした吉川だが、「切ると若い声になるらしいんですよ。三十何年も歌って若い声になってたまるかって思いますよね」とし、除去手術を受けないでいることを明かした。病気についても一家言あり、「今が一番、歌をうまく歌える。どこか壊れている方が、うまくなる」などと同番組で語っていた。

 何歳であろうと、生き方への持論、こだわりを持っていること。それが今も変わらぬ活躍へとつながっているのだろう。

関連記事(外部サイト)