今井絵理子に松居一代…2017年を騒がせた女性芸能人たち

今井絵理子に松居一代…2017年を騒がせた女性芸能人たち

(左上から時計回りに)今井絵理子、斉藤由貴、松居一代、ブルゾンちえみ/(C)日刊ゲンダイ

 今年は女性が芸能メディアの主役だった。今井絵理子(34)、山尾志桜里(43)は国会議員ながら、話題になったのは共に不倫。井戸端会議の格好のネタとなったが、そこは議員サマ。かたくなに不倫関係を否定して議員の座を守り通した。

「バッジ外したらタダの人」と揶揄される世界。維持するのと失うのでは雲泥の差。必死にしがみつくさまがわかった。「溺れる者はワラをも掴む」

 芸能界では女優の斉藤由貴(51)の不倫が大きな話題を集めた。医師との不倫報道を最初は否定したが、キスにパンツ写真まで出されては認めるしかない。来年の大河ドラマなどの仕事を自ら降板したが、先週末、映画の舞台挨拶に登場。「外していた結婚指輪をしていた。夫婦関係は良好」との指摘もあるが、世間の喧騒をよそに「そんなに慌てた様子はなかった」という話も聞く。

 映画関係者によれば、「今が旬のベテラン女優ですし、どんな役でもこなせる貴重な存在。映画や舞台の世界は彼女をほっとかない。不倫は個人の問題で仕事には関係ない。むしろ、芸の幅を広げた」という。不倫が発覚して仕事を失ったおしゃべりタレントと違い、不倫も芸の肥やしとして消化できる女優は違うと、再認識する。「芸は身を助ける」

 関心度の高さでは松居一代(60)が圧巻だった。夫・船越英一郎との離婚バトル。SNSを駆使した夫の誹謗・中傷に始まり、離婚調停が成立するや喜びの会見。それがすべて同じ人物。マツイ棒から自著の出版まで自己プロデュースにたけた人だったが、離婚では通用しなかった。「猿も木から落ちる」

 そして「今年の顔」となった女性がブルゾンちえみ(27)。昨年からジワジワ火がつき、この夏の日本テレビ「24時間テレビ」でマラソンランナーに起用されて注目度は一気に加速。今や「テレビで見ない日はない」売れっ子になった。「35億」は流行語大賞にも選ばれたが、「一発芸は消える」というジンクスがあることから、「消えるのでは」と懸念する声も出ている。ブルゾンの肩書は芸人。次のネタを用意しないと消える可能性も否定できない。実際、厳しい意見もある。

「女ピン芸人の第一人者、友近はネタの引き出しが豊富。やはり吉本の舞台で鍛えただけのことはある。これが東京の芸人との差」(テレビ関係者)

 今はバラエティーに引っ張りだこのブルゾンだが、相変わらず私生活ネタが目立つ。来年はジンクスに立ち向かうネタか新たなキャラが必要となる。「転ばぬ先の杖」

(二田一比古/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)