「バブルに若者憧れ」と社会学者 荻野目洋子が再ブレークのワケ

「バブルに若者憧れ」と社会学者 荻野目洋子が再ブレークのワケ

単なるノスタルジーじゃない(C)日刊ゲンダイ

 昨年がピコ太郎なら、今年は荻野目洋子(49)か。荻野目の1985年のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が再び脚光を浴びている。

 きっかけは高校ダンス部日本一を決めるこの夏の大会で準優勝の大阪府立登美丘高がBGMに使用したこと。それが話題になり、芸人平野ノラ(39)のバブルネタを彷彿とさせる衣装と相まって若い世代に瞬く間に拡散。動画サイトの再生回数は1000万を超える勢いで、登美丘高校ダンス部は大晦日のNHK紅白にもゲスト出演が決まった。

 思春期の長女ら3女の母親でもある荻野目は「当時を知らない娘たちの世代にこの曲を聞いてもらえてうれしい」などとTVでコメントしているが、当時を知る中高年世代にしてみれば、懐かしい記憶と共になぜ今、バブル時代のヒット曲なのか? と不思議に思うのではないか。

 著書に「アイドル進化論」などのある社会学者、太田省一氏はこう言う。

「まず『ダンシング・ヒーロー』は日本のアイドル史のなかで、重要な位置にあるんです。百恵さんにしろ聖子さんにしろ、それまでのアイドルが振付師のつけた簡単な振り付け、手や腰を動かす程度の盆踊りに近いものだったのに対して、荻野目さんはユーロビートのダンスに初めて挑戦し、世間に受け入れられた。そして安室奈美恵さんに続くJポップ、今のダンスミュージックの流れの起点となった。言われた振り付けをなぞるダンスではなく、表現としてのダンスのはしりなんです。そんな名曲だからこそ、いまダンスをしている高校生に選ばれ、ウケているのかも知れません」

■バブルは歴史上の出来事に

 くだんの女子高生たちには、バブル世代を知る親もいて、そこから服装や髪形、メークを教わったという。荻野目のダンスをただ踏襲するだけではなく、工藤静香やWinkのダンスも取り入れるなど、自分たちの表現にしているのは、曲の系譜から見ると正統派なのだろう。太田氏が続ける。

「今の若者世代にとってバブルは都市伝説みたいなもの。とても現実とは思えない異世界の出来事で、ダンスや服装をコピーすることによって、遊園地のアトラクションのように楽しみ、疑似体験しているのではないでしょうか。好景気を知らない若者世代には、タクシーをバンバン使って札束が飛び交ったあの時代への憧れもあるように見えます。私たち中高年世代のノスタルジーではなく、見知らぬ過去との全く新鮮な出合いとして、今の若者はバブルを見て、接している。それだけ時が流れた。言い方をかえるなら、バブルがすでに歴史上の出来事になっているという証左なのでしょう」

 どうりで、年をとったわけだ。

関連記事(外部サイト)