仮面女子・神谷えりな“限界”挑戦 「事務所に止められて」

仮面女子・神谷えりな“限界”挑戦 「事務所に止められて」

「今までで一番過激」という写真集を発売/(C)日刊ゲンダイ

 仮面女子の神谷えりな(26)の初写真集「神乳」(小学館)が美しすぎると話題だ。身長152センチにしてGカップという悩殺ボディーを惜しげもなく露出。ステージで見せるロリ可愛いとは異なった洗練された表情もグッド! そんな神乳“えりにゃん”を直撃した。

 手ブラ、透け乳、桃尻と写真集「神乳」ではアイドルとは思えない過激なカットが満載。またYouTubeでは「アキラ100パーセントを女がやってみた」と題して、あの裸芸を披露、1200万視聴超えという記録を樹立している。

「知らないことはやってみなきゃ、何でも挑戦したいって思うタイプなんです。写真集の撮影でも私の場合は、事務所が『見えすぎ!』って止めるっていう(笑い)。まわりに巨乳の女の子がいっぱいいるので胸に関して自分が特別大きいとか感じてはいないですね。

 写真集は限界に迫りました! DVDは胸を揺らしたり、セクシーな動きはしていますが、見えちゃったら回していた映像全部がボツになっちゃうのでセーブしてます。でも、写真なら見えちゃった写真だけNGにすればいいので、限界に挑戦できます! そういう意味では、今まで出した作品の中で一番過激かも」

 仮面をかぶって登場する地下アイドルとして活動。毎日、秋葉原の「仮面女子Cafe」で公演を行っている。

「メンバーが別のお仕事でいなかったりするので、ステージに立つ人が毎日変わります。だから夜の公演が終わると明日に向けてリハーサルです。全員が集まれるのは深夜しかないので、どうしても深夜のリハーサルが多くなります。休みの日というのは特になくて、せいぜい半日かな。半日空いたら、SNSの更新ですかね……。今年は毎日舞台に立てて、いろんな番組に出演させていただけることが楽しいので、特にリラックスとか考えたことがないのかも知れません」

 仮面女子は人気も知名度も今や“地下”を完全に脱出。今後の目標はあるのだろうか。

「今、私のSNSフォロワーは14万人ですが……、100万人になったらいいですね!」

▽1991年、静岡県生まれ。大学2年、20歳の時に今の事務所に所属、12年に地下アイドルデビューを経て、仮面女子として毎日ステージに立つ。11月にファースト写真集「神乳」(小学館)を発売。

関連記事(外部サイト)