最年少19歳で芥川賞受賞の綿矢りささん 作家デビューから挫折、結婚、出産など語る

記事まとめ

  • 綿矢りささんは最年少の19歳で「蹴りたい背中」で芥川賞受賞した
  • 2001年、17歳の時に『インストール』という作品で文藝賞を受賞し感激したという
  • 作家デビューから挫折、結婚、出産を経た綿矢さんが今と過去を語っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております