鴻上尚史氏インタビュー「人間は好きなもので世間の重圧から逃れられる」

鴻上尚史氏インタビュー「人間は好きなもので世間の重圧から逃れられる」

劇作家の鴻上尚史氏(C)日刊ゲンダイ

劇作家の鴻上尚史(61)の書き下ろし舞台「地球防衛軍 苦情処理係」がまもなく開演する(東京&大阪公演)。思わずニヤリとさせられるタイトルだが、作品に込めた思いとは何か。稽古場を訪ねた。

  ◇  ◇  ◇

 ――構想は何年も前からあったそうですね。

「最初は、かつて『第三舞台』のスタッフだった日テレのディレクターから話があったんです。しかし結局、その企画はポシャってしまった。その後、僕の中にタイトルだけが強烈に残っていて、ストーリーが勝手に浮かんできたって感じです。当時とは全く違う話なんだけど、彼の許可を得てタイトルを使わせてもらったんです」

 ――チラシには「絶望と希望の物語」とあります。

「スマホを手にしたことで、今は誰もが簡単にクレームを言える時代になりました。『地球防衛軍』も怪獣の侵略から人類を守るために必死で戦ってるはずなのに、クレームが殺到して悩むわけです。作品の中でも触れていますが、クレームには3種類あります。ひとつは『ホワイト』。これはまっとうなクレームです。例えば“地球防衛軍のミサイルで私の家が壊れたので補償して欲しい”とか。もうひとつは『ブラック』。これは“家がミサイルで壊される映像を見てたら精神的におかしくなったから金よこせ”とか。つまり金品目当てです。それから僕は『レッド』と言ってますが、要するに『自分の話を聞け』と言いたいだけのクレーム。デパートを定年退職して時間を持て余している老人が、デパートを回って接客や陳列に対して難癖を付けているような。それから“地球防衛軍が怪獣をわざと自分の家に導いている”と言い出す人とか」

 ――「レッド」のクレームは厄介ですね。

「『レッド』はまっとうな対処法ではどうしようもないわけです。スマホによって自意識が拡大し、“誰もが何かを主張したくなる時代”になったと思うんです。が、自分を主張するときに、単に見た映画の感想を投稿したところで、それ以上の鋭い分析をする人が出てきたりして、自分のうんちくは否定されてしまったりする。しかし、苦情というか『正義の言葉』に対しては誰も否定できないんですよ」

 ――本人の自意識は満たされたとしても、多くの人が「正義の言葉」を振りかざす社会は生き苦しそうです。

「生き苦しさは加速していると思います。それは一人一人が加速させているんだけど、それに気付いてないというか。どこかで“みんなもうちょっとノンキでいいんじゃないの?”と立ち止まって考える必要があると思います。これはなかなか難しいですけどね。今どきは、少しでも間違った発言をしたり、事実誤認があったりすると、すぐググられますからね。

「小泉進次郎は完全に潮目が変わった」

 ―――何かあるとすぐ“炎上”しますしね。逆にクレームを恐れるあまり、小泉進次郎のようにごく当たり前のことを繰り返しているだけの発言もあります。

「小泉進次郎に関しては、完全に潮目が変わりましたね。今、『何を言ってるんだ、この人は?』となっているけど、やっぱり中身がないと思うと分かってくるんですよ。そういう相手でも粘り強く接していけば真実は見えてくると思うんですけど」

 ――生き苦しさを解消するヒントはありますか。

「『正義』で世間に対峙しようとすると厄介です。そうではなくて、『好きかどうか』っていうところにたどりつけたらいいなって思います。あくまでたとえですが、商品開発の会議なんかでも、普通はマーケティングとか人口分布とか、もっともらしいことを挙げていくと思うんですが、そうでなくて単純に『この新商品って、とにかくウマいんですよ!』って言えるかどうか。そういうものが人間を支えると思うんですよ。世間に対していろいろなプレッシャーがあっても、とどのつまり、やっぱりその仕事が好きだとか、そのスポーツが好きだとか、人間って何か好きなものを見つけると『世間』の重圧から逃れられるんじゃないかって感じがします」

 ――そうしたものが作品にも込められている?

「でも、エッセーではないので、あまりそういうものを前面に出しても、面白くないしね(笑い)。とにかく笑いもダンスもアクションも盛りだくさんで、にぎやかに楽しくやろうと思ってますよ。地球防衛軍が怪獣と戦ったり、苦情に悩まされたり、それを人間たちが応援したり……生き苦しくて世知辛い世の中だけど、まあそれでも生きていこうかな、みたいに感じてもらえたらいいなと思います」

 (聞き手=平川隆一/日刊ゲンダイ)

関連記事(外部サイト)