もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

天海祐希(C)日刊ゲンダイ

すっかりお茶の間の人気番組として定着したようだ。フジテレビ系列で2016年から不定期に放送されているトークバラエティー番組「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」の話。

 番組の舞台は、ママの天海祐希(52)と、チーママの石田ゆり子(50)が働く“スナックあけぼの橋”。そこに毎回異なるゲストを迎え、トークが展開される。第4回が10月16日に放送されたが、不定期なため、早くも次の放送はいつだろうかと楽しみに待っている視聴者も多いようだ。

「番組終了直後には、毎回、石田さんのとてもアラフィフとは思えない可愛さにネット上が沸くんです。さすがですが、業界の人間は毎度、天海さんの見事なMCっぷりに注目していますね。ここぞってタイミングを外さず、見事にボケるし、ツッコめる。しかもトークを回しつつ、天然で番組進行を気にしない石田のフォローも欠かさない。一体いくつ目と耳があるんだって感じですよ」(番組制作会社関係者)

 芸能ライターの山下真夏氏も感心しきりで、こう話す。

「天海さんは、理想の上司アンケートで何年も前からずっとトップ3にランクインし続ける、いわばもう“国民的な上司”です。先日のイベントではさらに株を上げました」

 先日のイベントとは、10月10日に行われた、映画「最高の人生の見つけ方」のイベントのこと。当日は、主演の吉永小百合と天海が観客の前にサプライズで登場。生の天海を見たファンの女性が「(天海のことを)ずっと好きで。今日初めて会えてうれしい」と涙ながらに告白したのだが、その際に天海がかけた言葉が〈感動的だ〉〈さすがは天海祐希! カッコいい!〉と、ネット上で一気に拡散されたのである。

「『私を応援する気持ちと同じくらい、自分を応援してくださいね。それできっとあなたの人生も素晴らしくなる』と、その女性に言葉を返したんですよね。こんな言葉をサラッと、しかも即座に言える人がどれだけいるでしょう。やはり理想の上司に選ばれ続けるだけのことはある、素敵な女性だなと思いました」(前出の山下真夏氏)

 今や理想の上司にふさわしい言動で注目される天海だが、宝塚時代にはこんな一面もあったようだ。

「宝塚時代の天海はマスコミ嫌いだったのか、取材時でも笑顔が少なく、言葉数も多くなく、決して愛想がいいとは言えない時もあった。現在の、率先して場を盛り上げようとする彼女とは別人のようでしたよ。一部の記者からは『生意気だ』なんて声も聞こえてきましたね」(スポーツ紙芸能担当記者)

 もっとも、宝塚のトップスターだった当時の天海はまだ20代。気分のムラやイライラを隠しきれない時代があったとしても、まあ、仕方がない。そんな天海も50代。人として成熟し、他人を思いやり、励ませる度量の深さで、今後も“国民的な上司”であり続けるだろう。

関連記事(外部サイト)