【大杉漣さん急死】急性心不全、前兆なく発作も 若いほうが心臓で倒れる危険性

記事まとめ

  • 大杉漣さんが、働き盛りの66歳で急死したが、死因は「急性心不全」と発表された
  • 心不全など心臓の病気は50、60代に発症し、若いほうが心臓で倒れる危険性が高いという
  • 前兆もないため、胸や腹部にいつもと違う痛みを感じたら、急性心不全の可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております