元ヤン公表が裏目に…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で大ピンチ

元ヤン公表が裏目に…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で大ピンチ

木下優樹菜(C)日刊ゲンダイ

【芸能界クロスロード】

「芸能界は学歴もいらないし、若い頃に多少のやんちゃをしていた人でもやる気と努力があればやっていける世界」

 現在、連載中の野田義治氏からよく聞いた言葉だ。野田氏の話を裏付けるように「元ヤン」に象徴される若い頃のやんちゃぶりを「発掘写真」として週刊誌が特集することもあった。時代の流れとともに関心も薄れ、今では世間話で話題になる程度で落ち着いている。

 本来、過去のやんちゃを自ら公にする人は少ないが、「元ヤン」を自ら公にしたのが“ユッキーナ”こと木下優樹菜(31)だった。グラビア活動をきっかけにタレントに転身。2007年、島田紳助の「クイズ!ヘキサゴンU」(フジテレビ系)で里田まい、スザンヌと共に“おバカタレント”のメンバーとしてブレーク。番組で共演していた芸人コンビ“FUJIWARA”の藤本敏史(48)と結婚。その後は2児の母としてインスタで日頃の生活などを発信。「元ヤン」の肩書はママタレになっても有効に作用していた。

「ちゃんと子育てしながら亭主を操縦している。立派!」と支持され、フォロワーは500万を超える人気。激戦区のママタレ界では異色な存在になっていた。夫とも共闘。夫婦ネタも加わり好感度もアップ。夫婦で番組だけでなくCMにも出演。ママタレの勝ち組のひとりだったが、「元ヤン」の肩書が逆に働く騒動を起こした。

■時すでに遅し…

 木下は姉とタピオカ店の経営者・A女史間とのトラブルを巡り、〈謝るとこ謝るなり、認めること認めて、筋道ぐらいとおしなよ〉などAに対してDM(ダイレクトメール)を送っていた。恫喝まがいのDMに恐怖を感じたのか、AはDMの数々を公開。詳細は省くが木下は非を認め謝罪したものの、時すでに遅し――。「素が出た。“元”ではなく、今も現役のヤンキーか」とイメージダウンは避けられない状況に追い込まれている。

 やんちゃは過去だから聞ける話。最近も番組で和田アキ子が芸能界の伝説のように伝わっていた大阪の不良時代の話を自らの口で明かしていた。過去だから関心も持たれるが、木下の現在進行形と思われるような言葉の数々ではシャレにならない。

「ママタレは激戦区。ありきたりの育児や料理では特に秀でたものがないと勝ち抜くのは難しい。むしろ、自分にしかない特徴を出すのも最近の傾向」(テレビ関係者)

 確かに、ママになっても衰えぬプロポーションを披露する人もいれば、セレブぶりを売りにする人もいる。木下は「元」を使った。ママタレに限らず「元」の肩書はインパクトもあるし説得力を増し好感度につながる。木下も元ヤンを隠すことなく「面白い」と評判だったが、あくまでも過去の話。卒業していなければならなかった。

(二田一比古/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)