吉本興業“借り返済”も…「探偵ナイトスクープ」局長交代劇のウラ

吉本興業“借り返済”も…「探偵ナイトスクープ」局長交代劇のウラ

心中やいかに…(C)日刊ゲンダイ

関西の長寿番組「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ)の局長が西田敏行(71)から、ダウンタウンの松本人志(56)に交代することが明らかになり、さまざまな波紋が広がっている。

 同番組は1988年にスタートし、初代局長を上岡龍太郎(77)が12年、2代目の西田が約19年の長きにわたって務めていた。西田は2016年に頚椎亜脱臼の手術、胆のう炎を患っていただけに降板情報と共に“健康不安説”が浮上。25日に松本の後任が明らかになると、まさかのビッグネームに関西人も驚いた。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大教授の影山貴彦氏は「吉本興業のヤミ営業問題がなかったら(松本が)引き受けたかどうか」としてこう続ける。

■“情”の文化

「吉本興業の大黒柱として男気を見せたというのが大きいのでは。全国での活躍からして、松本さんが番組オファーを断ったところで何も問題はないはずで、大揺れした吉本の屋台骨を立て直してやろうという思いの表れとも解釈できます。またABCでは宮迫さんが途中降板した『松本家の休日』があり、宮迫さんの一件で吉本興業としてはABCに“借り”がある状態。関西のテレビ業界は“情”の文化が今も色濃く、不祥事後のテレビ再出発は関西ローカルからというのも多いので、宮迫さんのためにもABCとの関係性を深めておこうと考えたのでは、と捉える業界関係者も少なくありません。そんなところに徳井さんの脱税問題が続いてしまい、松本さんは忸怩たる思いでしょう。西田さんに関しては、発表部分だけが別撮りだったので急な決定だったのかと思われます」

 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「芸能界での終活を考えた時、俳優として“残る仕事”に集中したいと考えているのでは。今期の『ドクターX』の初回で、西田さんが院長回診で颯爽と歩くシーンがありました。これまで演技は座ったままだっただけに、作品にかける意気込みを感じました。レギュラーを外れたことで、海外作品や大作も視野に入れているのかもしれません」

 松本新局長は11月29日から登場予定だ。

関連記事(外部サイト)