“国民的女優”松下奈緒 医療ドラマ主演に「黒歴史」懸念の声

“国民的女優”松下奈緒 医療ドラマ主演に「黒歴史」懸念の声

分が悪い?(C)日刊ゲンダイ

早くも不安の声が上がっているようだ。

 来年1月スタートのフジテレビ系のドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(木曜夜10時〜)に、松下奈緒(34)が主演することが明らかになった。

 同作では、松下ががん患者の投薬治療にあたる腫瘍内科医を演じ、消化器外科医を演じる木村佳乃(43)との女医コンビの奮闘を描く。

 松下は連ドラでは初の医師役で、医療ドラマは視聴率を稼ぐ“鉄板”なのだが、ネット上の前評判は〈コケそうな気がする〉〈松下は演技が下手〉などと芳しくない。

「フジの木曜劇場は長らく視聴率が低迷しています。松下が2016年に主演した『早子先生、結婚するって本当ですか?』も平均視聴率が5%台だった。打ち切りの噂も出たほどです」(テレビ誌ライター)

「早子先生――」以降の木曜劇場は、18年7月期の山崎賢人(25)主演「グッド・ドクター」が平均視聴率11・2%を記録したものの、それ以外のドラマは4〜7%台で推移している。

 松下にとって不幸なことに、来年1月期には天海祐希(52)主演の「トップナイフ―天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系)、伊藤英明(44)主演の「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)と、医療ドラマがかぶる。

「中でも一番期待度が高いのは『トップナイフ』でしょう。天海は“視聴率の女王”こと米倉涼子と比較される“稼げる女優”です。08年に精神科医役で主演を務めた『Around40〜注文の多いオンナたち〜』(TBS系)も平均視聴率は15%弱と、医療ドラマの実績も十分。また、脚本家は先日、来年のNHK朝ドラ『エール』を降板したことが明らかになったばかりの林宏司氏と、話題性は抜群です。松下にとっては分が悪い」(在京キー局関係者)

 だからコケそうな気がするわけだが、テレビ解説者の木村隆志氏もこう言う。

「“医療モノ”という保守的なドラマが同じクールに2つ、3つかぶったのはキツい。その場合は視聴率が取れない枠が食われる傾向にあります。松下さんが同枠で主演して低視聴率だった『早子先生――』のように“黒歴史、再び”かもしれませんね。フジの木10はもともと迷走している枠ですが、多数のドラマで主役を張り、演技力に定評のある木村さんをコンビとして共演させるあたりは、局側の不安の表れではないでしょうか」

 他にも懸念材料はあるようだ。

「テレビの主な視聴者である中高年は、がんに関心がある人が少なくない。しかし、放送時間帯が微妙ですね。中高年を相手にするなら夜8時か9時がよかったのでは。松下さんや木村さんはオジサン人気も高いですしね。夜10時からの主な視聴者である若者は、中高年に比べたら、がんについて興味があるとは思えません」(木村隆志氏)

 10年のNHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」のヒロインとして“国民的女優”になった松下。逆風をはね返すことはできるのか、注目だ。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

関連記事(外部サイト)