「i-新聞記者ドキュメント-」森達也監督が危惧する「日本社会の集団化」

「i-新聞記者ドキュメント-」森達也監督が危惧する「日本社会の集団化」

森達也監督(C)日刊ゲンダイ

大ヒットした映画「新聞記者」のリアル版ともいえる「i 新聞記者ドキュメント」が15日から全国ロードショーされる。前作は、官邸会見で菅官房長官と闘う東京新聞の望月衣塑子記者の著書を原案としたドラマだったが、今作は望月記者が取材する姿を通して、メディアの問題点や社会の同調圧力などに迫るドキュメンタリー映画である。昨年12月から10カ月間、望月記者に密着したという監督の森達也氏に話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

「予想はしていたけれど、望月さんを通じて見たメディアの閉塞と停滞状況は想像以上でした。ジャーナリズムは民主主義において最も大事な要素。それがこの状況ではマズい。ジャーナリズムは現場性が最も重要です。もちろん、企業メディアは組織ですから、上司の指示や利益も大事なことはよく分かります。しかし同時に、記者が現場に行って感じたことや思ったこと、怒りに震えたこと、伝えなければいけないと思ったことは、たとえ数字(視聴率)が取れなくても、部数に貢献しなくても『これはやるべきです』と言わなければいけないと思う。ところが、それが本当に脆弱化している。記者が組織の歯車になってしまっている」

 もっとも、おかしいのはメディアだけではない。森氏は「今の日本社会は集団化が加速している」と言う。安倍政権によって、官邸トップダウンの完全なピラミッド型組織になった自民党はその典型。一般企業やNPOにさえも波及しているという。

「集団に属したいという気持ちがとても強くなっていますから、違う集団を可視化したい気持ちにもなるわけです。だから、『あいつら俺と考えが違うから右なんだ、左なんだ』とレッテルを貼りたくなる。レッテルを貼れば安心して『敵』になり、今度は攻撃できる。集団化は同時に分断化でもあります」

 数多くのドキュメンタリーを撮ってきた森氏だが、今回、誰もが思い描く“定型”を壊す試みにも挑戦している。全編2時間弱が短く感じる。

「集団に埋没することで人は一人称単数の主語を失う。その帰結として集団は大きな過ちを犯します。日本社会は『個』が弱い。もっと個を強く持った方がいい。これはジャーナリズムだけでなく、一般の人に対しても言えること。この映画を見て、そこまで感じてくれればうれしいです」 

(取材・文=小塚かおる/日刊ゲンダイ)

関連記事(外部サイト)