ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲のバランタイン30年をペロッと

ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲のバランタイン30年をペロッと

ラッシャー板前さん(C)日刊ゲンダイ

【今だから語れる涙と笑いの酒人生】

 高校を卒業後、板前を2年間やって、20歳でビートたけし師匠に弟子入りしました。師匠の付き人もしていたので、他の軍団では味わえなかった特別な経験をさせてもらうことができました。

 当時はまだ20歳ですから、お酒の本当のおいしさもそんなに分からなかった。自分で払って飲むお酒は、決まって安い酒でした。居酒屋さんに飲みに行っては瓶の中には何が入っているか分からないウイスキーを飲んだりして、翌日は悪酔いで頭が痛くなったり(笑い)。

■当時1本8万円

 そんな時代に師匠が飲んでいたのがバランタインの30年ものです。師匠にお酒を買ってくるように頼まれたこともありました。当時で8万円くらいしたかな。一度でいいから飲んでみたい……。

 付き人だから、身の回りのお世話をするのに、師匠の家にひとりで出入りすることもあるわけです。それで、しめしめ(!)と思いながら、バランタイン30年をペロッと。

 いや〜、おいしかったですね。いつも飲んでいるものとは大違い。芳醇な香りがフワッと口の中に広がった! バレたらまずいので、もっと飲みたい気持ちをぐっと抑えましたよ。こうして、師匠のおかげでウイスキーだったりブランデーだったり、本当のお酒のおいしさを知ることができました。

■軍団5人が飲み潰れた相手は…

 酒豪といえば、松方弘樹さんですね。すごかった。師匠と7升空けたこともありましたね。

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)に師匠と一緒に出てたから、軍団も一緒に飲むことがありました。松方さんはグラスをすぐ空にされるんです。そうなると、つがれたら僕らも空にしないといけない。だから、一緒に飲んでいるとこっちがベロッベロになってしまう。

 それで、軍団と相談して「飲んだら、松方さんに一人一人、お酌を返せばいいんじゃないか」となった。例えば僕らは5人いて、普通に考えれば松方さんが僕らより5倍飲む。それなら負けないだろうと……。でも、その作戦も松方さんには通用しなかった。だって僕らが先に潰れましたから。それくらい強かったです。

■至福は「旅サラダ」で訪れた各地の酒&食べ物

「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系)に出演するようになって今年で23年目になります。毎週末のロケや生中継で地方に出掛け、訪れたところは合計3000カ所以上になりました。

 地元の人との交流が本当に楽しいですね。何度も行ってるところだと僕が行くのを知って、ありがたいことに差し入れしてくれたり。

 到着すると、まず、温泉とサウナにゆっくりつかります。もともとサウナが大好きで東京でもよく行く。10分間サウナに入って、数分間水分補給しながら休憩をする。このセットを6回やればあっという間に2時間が過ぎてしまいます。体重だってプロボクサーにも驚かれるくらい、2〜3キロは減りますからね。

 温泉に入った後はお酒を飲む。視聴者の方に伝えるには、何事も経験をしないといけませんから(笑い)。

 まずはビールをグビグビッと2杯飲んで、郷土料理をいただきながら、土地のお酒をいただきます。その土地の水や空気や温度といったものが、お酒や食べ物の味をさらに育てる。そんな気がします。どんどんペースが上がる。とくに九州の人はお酒が強くて、一緒に飲むと大変です。飲むのも濃いですから。焼酎4対水6で注文をすると、「逆でしょ?」と。九州の人は6対4だから。

 スタッフと行くので、ボトルや一升瓶で注文をして、残ってたら寝酒にもう一杯グラスについで部屋に持って帰る。結局グラスで7、8杯は飲んでいるのかな。でも、飲み過ぎには注意します。年齢的にも、翌朝の生放送で二日酔いってわけにもいきませんから。

 (タレント、ラッシャー板前さん=56歳/聞き手・稲川美穂子)

関連記事(外部サイト)