TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

上田哲也(左)と松岡修造(C)日刊ゲンダイ

芸能界が心待ちにしているのが日本テレビとテレビ朝日の東京五輪キャスターのサプライズ発表だ。

 NHKは来年いっぱいで活動を休止する嵐、TBSは自局の安住紳一郎アナ(46)、そしてフジテレビが“関ジャニ∞”の村上信五(37)の起用をそれぞれ発表したが、日テレとテレ朝のみがキャスターの発表を見送ってきた。

「日テレは当初からラグビーW杯日本大会が終わった時点をひとつの区切りと考えていた。また、『ガキ使年末SP』の一報出しを見ながら12月初旬発表のスケジュールで動いている」(スポーツ局プロデューサー)

■上田晋也で最終調整中の日テレ

 気になる日テレの人選は……。

「五輪、W杯功労を評価され、下馬評通りメインキャスターに『くりぃむしちゅー』の上田晋也(49)、サブに自局の桝太一アナ(38)、水卜麻美アナ(32)、スペシャルサポーターに『Going!Sports&News』でも活躍中の亀梨和也(33)を起用する方向で最終調整中なんです」(日テレ関係者)

 このような布陣になった理由は嵐の桜井翔(37)だという。

「当初、日テレの五輪キャスターを6大会連続で担当していた桜井が最有力視されていましたが、嵐のグループとしてNHKにキャスティングされてしまった。結果、大番狂わせが生じ、五輪キャスター発表がラグビーW杯後になってしまったんです」(事情通)

■松岡修造&中居正広のコンビが成立?

 一方、日テレ以上に難航しているのがテレ朝だという。例年なら松岡修造(52)と自局アナウンサー、そして俳優という布陣がメインだったが。

「現在、中居正広(47)を起用すべく水面下で動いているようです。大きなポイントは現在開催中の『2019 世界野球WBSCプレミア12』で中居が野球日本代表・侍ジャパンの公認サポートキャプテンに抜擢されたことです。中居と松岡の絡みはかなりのインパクトがある。当然、中居も断るわけがない。しかも、侍ジャパンの全試合はTBSとテレ朝のみで生中継されるんです。TBSといえば当初、中居が五輪キャスター内定と有力視されていたが、安住アナが決定し、中居は袖にされた格好です。いろいろなオトナの事情が絡んでいるようです。後はジャニーズ事務所の判断を待っているだけのようですね」(前出の事情通)

 テレ朝の五輪キャスター発表は12月もしくは1月ごろになる予定だという。

関連記事(外部サイト)