エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

フリーアナウンサーの田中みな実(C)日刊ゲンダイ

バラエティー番組で恋愛観を語ればニュースになり、インスタグラムに写真をアップするたびにファンをざわつかせる。TBSの局アナ時代は“ぶりっ子”として男性人気を集めるも、女性からは冷たい視線を向けられ、「嫌いな女子アナランキング」で常に上位であり続けたフリーアナの田中みな実(32)。今や男女から幅広く支持されているから、不思議と言うしかない。

 先月は、12月13日に発売される自身初となる写真集の中から、胸の下半分が見えているショット、お尻丸出しのランジェリー姿などセクシーな写真ばかりを選び、〈どれがお好み?〉と、女王様みたいなコメントを添えてインスタに公開。すると〈身体は芸術品〉〈色気たっぷりで可愛い〉と大絶賛され、その大半が女性ファンから、というから驚きだ。

「田中アナは20代後半からぶりっ子キャラを封印し、男性に媚びずに言いたいことをはっきり言うようになりました。それでいて、恋愛をこじらせた女性の代弁者的みたいな立ち位置にシフトしたのです。もともと頭の回転が早く、コメント力に定評がありましたし、実は、もの凄く勤勉家でもあるので、あの肉体美も血のにじむような努力の賜物だと思います。『女性に見てもらいたい』と言いつつ、しっかり男性ファンも釘付けにするエロスを表現しているのも、戦略として大成功だと思います」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■週刊誌に撮られる写真は犬の散歩ばかり

 あの「みんなのみな実」が、今や口を開けば男性不信を口にするなど、独特の恋愛感は、むしろ男性ファンを遠ざけている。それが意図的なのか、それとも天然なのか、その曖昧さがツンデレ好みの男性ファンを戸惑わせている。遅れてやってきた“魔性の女”といった印象だ。

 11月8日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)でも、「私は結婚に対して夢を抱いているんです」と田中は言ったものの、ここ数年、プライベートで浮いた話はほとんど聞かない。

「数カ月前、ジャニーズのタレントと同棲しているという噂が流れ、週刊誌が一斉に彼女を張り込んだこともありましたが、実際に撮られたのはスーパーでの買い物や犬の散歩の姿ばかりで、男性の影はありません。やはり、オリラジの藤森慎吾との破局が今もトラウマになっているのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 その藤森は、つい先日、新恋人とのお泊まり愛をフライデーされたばかり(11月8日号)。その記事の冒頭でも〈結婚目前だった元TBSアナウンサーの田中みな実と破局して4年〉と紹介された。もしかしたら藤森との破局そのものより、藤森が引き起こした二股妊娠・堕胎騒動が田中の心に傷痕を残したのかもしれない。

 田中と藤森の交際を明らかにしたのは、2012年11月発売のフライデーだった。田中の自宅マンションから出てくるツーショット写真を掲載した。2人はその足で藤森のマンションに向かい、そのまま1泊。そしてフライデーの報道が出た直後、藤森は「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で「彼女ができました。赤坂方面(注=TBSのこと)です。愛してる!」と交際宣言をした。ところが、その翌月には、週刊文春に〈田中みな実&藤森慎吾 熱愛報道でもみ消した妊娠・堕胎・慰謝料350万円〉という見出しが躍る。

「藤森は田中アナとの交際を始めていた12年6月に大阪のクラブで知り合った女性とその日のうちに関係を持ち、女性は妊娠。藤森は中絶費用と慰謝料として350万円を支払ったそうです。その情報をつかんだフライデーが記事にしようとしたところ、吉本興業側がいわゆる“バーター”を持ちかけたというのです。そして飛び出したのが田中アナとの熱愛報道でした。その後、フライデーと吉本側が文春の報道を否定したことで藤森の“疑惑”はうやむやになりました。しかし、惚れた男性が別の女性を妊娠・堕胎させたことを隠しているかもしれないという疑念は、田中アナに残ったはずです。しかも状況だけみれば、自分が“もみ消し”に利用されることになったわけです」(前出の弘世一紀氏)

 この時点で、男性不信に陥るには十分すぎるほどのひどい仕打ちを受けた田中だが、彼女の凄いところは、まさにここからだった。

「それでも藤森さんを受け入れることにした田中アナは、彼にとことん尽くしました。結婚に向けて両親に説得を試みたり、できる限りの努力は全てしたと聞いています。それほど彼のことを愛していたのでしょう。しかし、結婚の意思が希薄だった藤森さんは最終的に彼女に別れを告げ、その直後に、別の女性とのデート現場を週刊誌に撮られました。それなのに、田中は彼との破局の理由を聞かれるたびに、『私の存在が重かったんだと……』と、いまだに自分を責め、藤森さんに未練があるかのような発言を繰り返しています」(田中の知人)

 タレントとしてのキャラ変には成功したが、女性としての本音のところで、心の傷が残っているようだ。最近の田中の輝くようなエロスが過去のつらい恋愛体験から来るものだとしたら、藤森は罪深い男と言える。しかし、こじらせた田中の魅力に引き込まれているファンが増えているのも事実だろう。

関連記事(外部サイト)