1位は矢沢永吉の7万円超…芸能人ディナーショー戦線異状アリ

1位は矢沢永吉の7万円超…芸能人ディナーショー戦線異状アリ

3年前から順調に値上げ(C)日刊ゲンダイ

ことしも年末恒例、芸能人のディナーショーの話題が出始めた。週刊女性によると、2019年の値段ランキングは不動の1位だった五木ひろしの5万5000円(税込み=以下同)を抜いて、矢沢永吉が7万1500円でトップに。

 矢沢にとって3年ぶりのディナーショーは70歳の節目の上、ことしは7年ぶりのニューアルバム「いつか、その日が来る日まで…」も秋にリリース。そうしたアニバーサリーが重なってか、3年前の税抜き6万円より値段は上がり、往年の矢沢ファンという50代男性からの「割高だな」というコメントが同誌に掲載されている。

 ランキングベストスリーの2位は韓国俳優クォン・サンウ(6万円)。その他、ジャニーズのアイドルグループ「V6」のうち、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による「20th Century」が18年ぶりにディナーショーを行う。値段はファンクラブ会員価格で4万5000円。18年前の01年が3万6000円だったというから、こちらも大幅アップとなる。それを東京、京都など5都市で計13公演を行うそうだ。

■聖子、明菜は…

 8月に第1子が生まれた華原朋美(3万3000円)、9月に脳梗塞で入院をした美輪明宏(3万5000円)もディナーショーを開催。常連組の松田聖子(4万6000〜5万500円)も健在だ。しかしながら17年のディナーショーで話題を集めた中森明菜は今年の開催について事務所は「未定」としている。

 消費税増税もあってか、ことしのディナーショーも値上げラッシュ。コンサートツアーさながらの日程を発表している歌手も少なくないが、このご時世、そんな高額チケットがさばけるのだろうか。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。

「いわゆるコンサートと違い、ディナーショーはコアなファンを対象にしており、そんなコアなファンからすると、たとえ、より高額になってもショーは行く価値ありと判断すると思います。普段はテレビの画面越し、コンサート会場でも遠くから眺めるしかないお目当ての歌手を間近で見ることができ、しかもテーブルを回るから直接触れ合えるチャンスでもある。そこで写真撮影だってほとんどがOKなのですから、たまらないでしょう。一方の歌手の側から見ても、会場はだいたいホテルですから、コンサートに比べれば派手な演出におカネがかかることもないし、バンドやダンサーを何十人も従える必要もない。好きな曲を好きなように歌ってもコアなファンですから喜んでもらえる。大きなメシの種なわけです」

 ツアーのように何公演も行う歌手は、コンサートと同じくらいのカネが入ってくるという。少ない元手で稼ぎは上々とあれば、やって損はないどころか濡れ手で粟か。

 ちなみに海の向こうではハリウッドスター、シルベスター・スタローンのディナーショーがなんと約20万円という情報も。日本では1966(昭和41)年、帝国ホテルの考案した「シアターレストラン インペリアル」がはじまりだそうで、歌手の雪村いづみが最初のステージに立ったのだとか。それから50余年、当時も今も、庶民には遠い世界であることに変わりはない。

関連記事(外部サイト)