“令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

“令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

坂上忍(C)日刊ゲンダイ

「笑っていいとも!」の後番組として2014年にスタートした「バイキング」(フジテレビ系)。視聴率が1%を割ることもあり、スタート直後は「もってせいぜい半年」なんて辛辣な声もあったが、最近はライバル局の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)、「ひるおび!」(TBS系)と肩を並べている。

 そんな成功もあって、今改めて注目されているのがMCを務める坂上忍(52)の存在だ。最近は“令和のみのもんた”などと呼ばれている。坂上は「ちっともうれしくないよ。だって俺、本業は俳優だもん」とぼやいているらしいが、表情はまんざらでもない様子だという。

「番組スタート直後の坂上さんの出演ギャラは1本当たり50万円くらいでしたが、現在は推定150万円程度にまで上がったと聞いています。もし来春以降もMCを続けるとなれば、さらにアップしそうです」(テレビ関係者)

 ある古参の番組スタッフは「確かに酒の臭いをプンプンさせてスタジオに入る姿はみのさんとうり二つ」と笑う。もっとも“令和のみのもんた”には不安もつきまとう。今年4月、「週刊女性PRIME」が有名芸能人を対象とする「最悪の上司ランキング」をまとめた。坂上は同調査で、明石家さんま(64)、出川哲朗(55)、宮根誠司(56)らそうそうたる顔ぶれを抑えて、1位に輝いた。アンケートの対象は20〜30代の女性で、坂上について〈いつもイライラしてそうだし、少しでもミスをしたら精神的にネチネチと追い詰められそう〉〈理不尽なことで怒鳴られそう。知的を売りにしているみたいだけど、話に筋が通っていない印象がある〉といった回答が目立った。

 あるテレビマンがこう言う。

「みのさんと坂上さんは自分の思ったことをストレートに表現することで視聴者の共感を得ている点で共通します。ただ、それもいつまで続くやら……。坂上さんに関して心配なのは酒絡みのトラブルです。彼は実際に1995年に飲酒運転が原因で電柱に激突して現行犯逮捕された前科がありますからね」

 別のテレビ関係者はこんな見方を示した。

「坂上さんは共演する後輩タレントからの評判がイマイチなんです。坂上さんは自分の意に沿わないコメントが出ると露骨に嫌な顔をするし、もとが役者だからか、事前の打ち合わせ通りに番組が進まないとイライラし始めるというのです。『バイキング』でタレントのコメンテーターが次々と替わるのはこのためです」

 水面下でギャンブル好きの坂上の“金銭事情”を洗い始めたマスコミもあると聞く。本物のみのもんたはセクハラまがいの行為や息子の不祥事で失速した。坂上が、みのの二の舞いにならないことを祈るばかりだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

関連記事(外部サイト)