コンテスト10周年「美魔女」は“勝ち組女子”の最終形 いまや日常用語に

コンテスト10周年「美魔女」は“勝ち組女子”の最終形 いまや日常用語に

(左から時計回りで)グランプリの坂村かおるさん、ゲストの橋本マナミ、常盤貴子(C)日刊ゲンダイ

第10回国民的美魔女コンテストが5日、都内で行われ、歴代のレジェンド美魔女と今年のファイナリスト5人から“美魔女の中の美魔女”グランプリに坂村かおるさん(52)、準グランプリに川端歩さん(39)が輝いた。グランプリの坂村さんは「52歳という年齢で舞台に立つのは大変だったけれど、美魔女の名に恥じぬよう邁進したい」と語った。

 同コンテストは雑誌「STORY」(光文社)の美容専門誌「美ST」(同)から誕生。年相応に見えない、年齢を超越した女性を“美魔女”と称し、コンテストを開催。プロフィルには家族構成が記され、家事、育児、仕事に忙殺される中でも美しいことが評価基準に。また水着審査も行われ、子持ちとは思えないウエスト、美脚が同性から支持され、コンテストをきっかけにインスタグラマー、インフルエンサー、○○アドバイザーといったカタカナの肩書を手に入れた主婦も多く「美魔女ビジネス」も盛ん。最近では「#美魔女」のついた投稿なども多く、日常単語になりつつある。

 会場には読者250人が参加。巻き髪、ハイヒール、ノースリーブのキラキラ美魔女ばかり。ゲストには女優の橋本マナミ(35)や常盤貴子(47)が登場。

 入籍したばかりの橋本は愛人キャラが先行し、なかなか近寄ってくる男性がいない中「30代は時間がないんで、結婚を前提にと正面から告白してくれた男の覚悟に結婚を意識しました」と決め手を語った。

 女性は“結婚したら何かをあきらめるもの”から“欲しいものはすべて手に入れる”に変化。美魔女は「勝ち組女子」の完成形かもしれない。

関連記事(外部サイト)