舞台公開時期と重なる市村正親と武田真治の“抱き合わせ”【人気ドラマ「ドクターX」の宿命】

舞台公開時期と重なる市村正親と武田真治の“抱き合わせ”【人気ドラマ「ドクターX」の宿命】

市村正親(左)と武田真治(C)日刊ゲンダイ

【人気ドラマ「ドクターX」の宿命】(中)

 大物俳優がシリーズのレギュラーとして名を連ねるのは、人気ドラマならでは。米倉涼子(44)主演の「ドクターX」(テレビ朝日系)にもこれまで、三田佳子(78=第2期)や北大路欣也(76=第3期)などの大御所が出演。今回の第6期に登場する大物といえば、市村正親(70)である。

 主演ミュージカル「スクルージ 〜クリスマス・キャロル〜」(2019年12月8〜25日=日生劇場)を控える市村は、これまで民放の連続ドラマにはほとんどレギュラー出演してこなかった。ミュージカルの大御所が出演するとなれば、制作サイドは驚きと喜びで迎えることだろう。

 所属事務所のホリプロは、市村にレギュラー出演を説得する材料として、主演ミュージカルの宣伝を理由に挙げたかもしれない。この作品は、1994年の初演以降、市村が今回で7度目の主演を果たす。そのこともあり、大々的に宣伝するまでもなく、売り切れ完売状態だ。

 市村の今年の活動は、ドラマ出演にアニメ声優など、ミュージカル以外の分野での活躍が増えている。いくら「70歳とは思えない驚異的なバイタリティー」の持ち主とはいえ、今後は年齢的な観点から映像分野にも活動の場を広げたいという事務所サイドのしたたかな戦略もうかがえる。

 そして市村の右腕、鮫島を演じる武田真治(46)もこのミュージカルに出演する。所属事務所は同じホリプロだ。

■ねじれた露出と隠された思惑

 長年にわたりレギュラー出演していた「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の終了後、2018年に放送された「みんなで筋肉体操」(NHK)に出演。「フェミ男」と呼ばれていたデビュー当時や、ドラマで見せる繊細なイメージとのギャップは、大きな話題を呼んだ。

 今年の夏ドラマでは、「凪のお暇」(TBS系)で、スナックのオネエママ役を好演。「ドクターX」と同じテレビ朝日系でも、9月29日に放送されたドラマ「時効警察・復活スペシャル」で、12月18日に47歳になるとは思えない肉体美を活かし、「71歳にして40代の肉体を持つ、美魔王藤原役」で、高校生、リーゼント姿を見せるなど、まさにカラダを張った熱演も記憶に新しい。

 そんなホリプロの2人が出演するミュージカルは、ホリプロの企画制作であり、主催はTBS、スポーツニッポン、ホリプロで、後援はBS-TBSとなっている。

 他局の主催ミュージカルを後押しする“ねじれ現象”となるが、たまたま放送と公演のタイミングが重なっただけであり、そもそも完売必至の作品だ。大御所の市村と、旬の武田が出るなら「逃す手はない。まさに渡りに船」というのが制作サイドの本音だろう。

 余談だが、武田のオフィシャルサイトの情報があまり更新されていないようなので、ホリプロのご担当者の方は、何とかしてあげてほしい。=下につづく

(ライター・田丸大志)

 次は【ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」】

関連記事(外部サイト)