芦田愛菜は子役出身の“ニュータイプ” 優等生キャラ定着で気になる課題

芦田愛菜は子役出身の“ニュータイプ” 優等生キャラ定着で気になる課題

芦田愛菜(C)日刊ゲンダイ

現在、都内の難関私立中の3年に在学する元子役の芦田愛菜(15)が活躍中だ。

 10月からスタートした「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」(テレビ朝日系)では、初MCを務め、大人顔負けの知識を持つ子供を相手に、サンドとの軽妙なやりとりを交えながら、そつなく進行。11月には「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」に登場し、着物姿のキチンとした立ち居振る舞いで堂々とスピーチする姿が絶賛された。さらに、2020年公開予定の映画「星の子」で6年ぶりに映画主演を果たすという。芸能リポーターの川内天子氏はこう話す。

「彼女は子役の頃から女優としての意識が強く、周囲に絶対に愛菜ちゃんとは呼ばせなかった。当時から“芦田さん”です。子役は年齢を重ねると、顔つきや身長や声が変わるので、悩むことが多いのですが、彼女は、明晰な頭脳で、“自分がどう見られているか”を常に冷静に意識していると思います」

 幼少期は周囲からチヤホヤされてワガママし放題で、成人後、激太りしたり、道を踏み外したりする元“天才子役”は枚挙にいとまがないが、彼女に限ってはそうした心配はなさそうだ。難関校の中学受験に成功し「年間100冊以上読む」という読書家で“優等生キャラ”を獲得できたことも「子役のあがり方のニュータイプ」と言えるだろう。

 一方、発売中の「女性セブン」では、芦田が同じ中学校に通うテノール歌手・秋川雅史の長男と親密な関係にあるということに触れている。しかし記事で保護者のひとりは「今みんなでお茶したりするのが楽しいようです。ボーイフレンドの噂には大笑いしていますよ」と一笑に付す。

「上手にオトナになっている彼女ですが、今後の課題は恋愛でしょうね。彼女も来年には高校生になりますが、同級生でも彼女にアタックするのは相当な勇気がいるでしょう。彼女も意識が高いほうですから、自分の思うような男性がキチンと現れるといいのですが……」(前出の川内氏)

 ヘンな虫が付かないことを願いたいところだが。

関連記事(外部サイト)