生田斗真主演「俺の話は長い」人気を分析 ホームドラマ復活の引き金に?

生田斗真主演「俺の話は長い」人気を分析 ホームドラマ復活の引き金に?

“さじ加減”が絶妙(C)日刊ゲンダイ

「来年の夏か秋にはホームドラマが増えるでしょうね」(在京キー局関係者)

 生田斗真(35)が6年間ニートの31歳無職男を演じた連続ホームドラマ「俺の話は長い」(日本テレビ系)。14日放送の最終回で初の視聴率10%台を叩き出し、ネット上では早くも続編を希望する声が上がっている。

「最終回で3ポイント以上、数字を上げています。ホームドラマは派手な医療モノ、警察モノと比べて制作費も安く抑えられる。来年は二匹目、三匹目のドジョウを狙って、他局が追随してくると思いますよ」(前出の在京キー局関係者)

 生田が演じた満は実家暮らしで屁理屈ばかりこねるが、どこか憎めないダメ男。喫茶店を営む未亡人の母・房枝(原田美枝子)は明るい天然キャラ。口うるさいバツイチでバリキャリの姉・綾子(小池栄子)と、“マスオさん”的な気弱な夫・光司(安田顕)、そして綾子の連れ子で不登校になる中3の娘・春海(清原果耶)。主な登場人物はこの5人だけだ。

 物語に絡んでくるのは喫茶店の常連客と、せいぜい満の行きつけのバーのオーナーと店員。

 とんでもない殺人事件が起こるわけでもない。社会的なメッセージがあるわけでもない。本当にいそうな気にさせる家族の、たわいもない日常を描いているだけだ。

「でも、初回を見た瞬間から、この家族が好きになりました。この家族の“続き”が気になるし、ずっと見ていたいと思いましたね」と、コラムニストの桧山珠美氏はこう続ける。

「私はこのドラマを、勝手に令和版『渡る世間は鬼ばかり』だと思っています。ぜひシリーズ化してほしい。どこか懐かしい昭和のホームドラマっぽさを残しながら、満はいわゆる“子供部屋おじさん”という、イマドキの要素も加えられています。かといって暗い印象にならなかったのは、脚本の良さに加えて配役の妙でしょう。仮に、満を優しく見守る母親役が大竹しのぶさんだったら、雰囲気も変わっていたはずです。きれいで明るい原田さんだから、ウエットにならずに済んだ」

 脚本も配役も、全ての“さじ加減”が絶妙だった、というわけだ。

「『俺の話は長い』の人気で、来年はホームドラマが復活してくると思います。が、このドラマが多くの視聴者を引きつけたのは、5人全員の演技がうまかったからです。ホームドラマは長ゼリフの会話劇が中心で、場面の転換もほとんどありません。そのぶん役者の力量が問われる。二匹目のドジョウを狙うにしたって、生田さんと小池さんが見せたリアルな姉弟喧嘩を超えられるような、力のある役者さんを揃えられるか、にかかっています」(桧山珠美氏)

 復活といっても「しょせん二番煎じ」と酷評されるドラマばかりでは、視聴者はガッカリだ。

関連記事(外部サイト)