パワハラで告発されたジャガー横田さん夫・木下博勝氏 “近所での悪評”

パワハラで告発されたジャガー横田さん夫・木下博勝氏 “近所での悪評”

恐妻家キャラはテレビ用?(C)日刊ゲンダイ

ジャガー横田(58)の夫で、医師でありタレントの木下博勝氏(51)が、自身が8月末まで勤務していた病院スタッフに対して壮絶なパワハラを行っていたことが週刊文春デジタルの報道で明らかになり、騒動になっている。

 その内容は、准看護師が2年にわたり怒鳴られるだけでなく、暴力を振るわれたりと酷いもの。木下氏のせいで病院スタッフが次々と辞めるなど、恐妻家で子煩悩というこれまでの木下氏のイメージとはあまりにもかけ離れたものだった。准看護師は木下氏に対してパワハラ被害の訴訟準備を進めているという。

■恐妻家はテレビ用?

 だが、「驚きはないですよ」というのは、ジャガー横田・木下氏夫妻が住む都内繁華街にほど近いマンションの住民のひとりだ。こう続ける。

「マンション前でタクシーを降りる際、運転手とモメている木下さんを何度も見かけています。特に酔っぱらった木下さんは横柄で、料金のことに不満なのか、赤ら顔で運転手を怒鳴りつけていることもありました。奥さんのジャガーさんはいつ会っても髪の毛はボサボサでため息ばかりついていて、ここ一年で急激に老け込んでしまったイメージです。恐妻家というのは夫婦でつくったテレビ用のイメージであって、本当はモラハラ旦那なのではと近所で噂していたんです。そうした時の今回の報道です。ジャガーさんの方がちょっと心配ですね」

 恐妻家というイメージを利用して本性を隠すといえば、闇営業問題で芸能界を追われた宮迫博之を思い出す。過去に不倫騒動を起こしたことも一致している。ワイドショーでコメンテーターとしても活躍する木下氏の裏の顔。人は見かけと肩書で判断してはいけないようだ。

 木下氏は19日、報道各社へファクスを送り、文春の報道について「事実と異なる点が多数あります」と反論している。

関連記事(外部サイト)