テレ朝バラエティー番組の“テレ東化”が止まらない…絶妙のアレンジ術

テレ朝バラエティー番組の“テレ東化”が止まらない…絶妙のアレンジ術

サンドウィッチマン(C)日刊ゲンダイ

「YOUは何しに日本へ?」や「池の水ぜんぶ抜く」「バス旅」……知恵と工夫と遊び心で、独自路線を開拓してきたテレビ東京のバラエティーだが、さすがにアイデアも枯渇したのか、新たなヒット番組がなかなか生まれてこない。

 その一方、「テレ東よりテレ東っぽい」と評判を呼んでいるのがテレビ朝日のバラエティーだ。

「例えば、『秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅 バスサンド』と『海なし県・秘境でお寿司屋さんを探す旅!』。サイコロを振って進むというのは以前、テレ東で放送していた『電車&バスで行く!すごろくの旅』の亜流です。また、『10万円でできるかな』の1000円ガチャは『モヤモヤさまぁ〜ず』の恒例イベントでした。テレ東の番組をうまくアレンジして好感度芸人ナンバーワンのサンドウィッチマンをMCに起用、番組の好感度もアップといったところですね」(テレビウオッチャー)

 しかも、タイムテーブルが絶妙だ。

 例えば、月曜は19時台は「帰れマンデー見っけ隊!!」、20時台は「10万円でできるかな」、21時台は「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」というラインアップで、3番組が並ぶことはまずない。「Qさま」は月1、2回放送、あとは「帰れマンデー」と「10万円でできるかな」の3時間SPがほとんど。2本分で3時間番組を作って予算削減している。

 ヒット番組の鉱脈はテレ東にありだが、テレ朝がうまく応用しているといったところか。

関連記事(外部サイト)