NHK朝ドラ「スカーレット」でファン急増 八郎派vs敏春派の楽しみ方

NHK朝ドラ「スカーレット」でファン急増 八郎派vs敏春派の楽しみ方

「八郎沼」なるハッシュタグも(十代田八郎役の松下洸平)/(C)共同通信社

現在放送中のNHK朝ドラ「スカーレット」。早くも「スター誕生」としてひとりの俳優が話題になっている。十代田八郎役を演じる松下洸平(32)だ。

 八郎は、戸田恵梨香(31)演じるヒロイン喜美子の夫となる人物。地味めな顔立ちのせいか、初登場からしばらくは、松下が戸田の相手役とは視聴者もピンとこなかったようだ。が、その演技力で、今ではすっかりお茶の間の人気者に。

 SNS上には〈八郎沼〉なるハッシュタグまで存在しており、〈優しげな笑顔と声に毎朝癒やされる〉〈こんなにお芝居が上手な人、今までどこにいたの?〉〈八郎が夫だったらと毎朝妄想してる〉なんて熱いコメントが書き込まれている。

 ちなみに八郎沼の〈沼〉とは、何かにどっぷりとハマった際に使われるネットスラングだ。

「スカーレットの視聴率が振るわないのは、歴代のイケメン出演者たちと比べて松下が地味で、〈業界人の評価はいまひとつ〉なんて内容の記事が17日にネット上に流れましたが、〈ちゃんとスカーレットを見てるの!?〉などと視聴者たちが猛反論。確かに松下は派手な顔立ちではありませんが、あの演技力は相当なもの。異議を唱える気持ちは分かります」(テレビ誌ライター)

 ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏はこう言う。

「年明けにはまた動きもあるでしょうし、視聴率が挽回できる可能性は大。それよりも、八郎沼ばかりが話題となってますが、実は“敏春さん”も密かに人気なんですよ。八郎沼に対抗して〈私は敏春さん派〉という書き込みがネット上には結構見られます」

 敏春さんとは、喜美子の幼なじみである照子(大島優子=31)の夫であり、演じているのは本田大輔(41)だ。本田は、あの個性派俳優・本田博太郎(68)の息子。

「登場以来、笑顔を見せることがなく、“笑わない男”だった敏春さんですが、10日放送回では喜美子と八郎の交際を知り、照子と共に心からの笑顔で祝福します。その笑顔には視聴者も大喜び。〈敏春さんが笑った〉なんてコメントがネット上に次々と書き込まれました」(山下真夏氏)

 確かに10日放送直後には、〈敏春〉が話題ワードの上位にランクイン。敏春の笑顔は、それだけ視聴者を喜ばせたということだろう。

「イケメン枠には林遣都さん(29)がいますし、ウザいお父ちゃんの北村一輝さん(50)だって結構愛されています。最近の視聴者は配信サービスなどで海外ドラマもよく見ていて目が肥えていますから。手アカのついた“ゴリ押し俳優”より、芝居ができる実力派を歓迎する傾向にあります。派手顔じゃない、なんて理由でそっぽを向くようなことはしないですよ」(山下真夏氏)

 派手顔じゃなくても、確かな演技力で視聴者を引きつける松下と本田。八郎派VS敏春派の熱い推し合戦は、まだまだ続きそうだ。

関連記事(外部サイト)