香取慎吾ら“退所組”も続々 ジャニーズアイドルがソロデビューする背景と戦略

香取慎吾ら“退所組”も続々 ジャニーズアイドルがソロデビューする背景と戦略

香取慎吾(C)日刊ゲンダイ

木村拓哉(47)が8日にリリースしたソロアルバム「Go with the Flow」が12・7万枚をセールスし、オリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。前週1日には同じく元SMAPの香取慎吾がファーストアルバムをリリースし1位と、2週続けて元SMAPが席巻。解散から3年経ても衰えぬ人気をみせた。

 近年ではジャニーズを退所した錦戸亮(35)、渋谷すばる(38)、田口淳之介(34)らソロデビューが続いている。木村はアルバムの宣伝のために新宿の街頭にサプライズ登場するなど、歌手活動に精力的。ドラマ「グランメゾン東京」の視聴率も上々にもかかわらず、そこまでヤッキになる必要があるのか。音楽評論家の富澤一誠氏はこう言う。

「歌は知名度を上げるのに非常に即効性があるんです。CDを出せば、ラジオやテレビ、ネット、カラオケなどで拡散し、自分がいなくても宣伝ができる。人気モデルがもう一段階知名度を上げたいときにも、そういった理由でCDをリリースするのです。CMタイアップ曲なら宣伝効果はさらに増す。木村さんもドラマ出演と相乗効果を狙っているのでは」

■グループとは違う手応え

 木村のアルバムは動画配信のGYAO!、スマホゲームなどCMのタイアップ曲も含まれており、盤石の布陣なのは確か。芸能リポーターの川内天子氏はこう分析する。

「“自分ひとりの力を試したい”という積年の思いがあるのは確か。ソロはやればやっただけCD売り上げに反映され、グループの時と手応えが異なります。木村さんは『すべて初めてのことばかり』とコメントしていましたが、直接ファンの熱を肌で感じ、SNSの反応も含め、“別の領域”を実感しているはず。今、木村さんも香取さんもとても興奮していると思います。ソロデビューは新たな展開の原動力になるはず」

 また“辞めジャニ組”には現金化しやすいというメリットも。

「歌は拘束時間が少なく儲けられますから。映画やドラマは拘束時間が長いし、オファーがないとできない。歌はある意味下手でも話題になればそこそこ売れるし、大麻所持の罪に問われ保釈された田口淳之介のように仕事がなくても自分で発信できる。食いぶち稼ぎにもってこいなんです」(芸能関係者)

 理由はともあれ、トップアイドルにとってソロデビューはいいことずくめのようだ。

関連記事(外部サイト)