韓国映画「パラサイト」 猫も杓子も大絶賛だが人間描写が弱い

韓国映画「パラサイト」 猫も杓子も大絶賛だが人間描写が弱い

第72回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞(左からポン・ジュノ監督、吉沢亮、ソン・ガンホ)/(C)UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】

 プロの書き手も一般観客も絶賛の嵐だ。ほとんど批判がない。こんなことはめったにない。大ヒット中の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」である。公開当初はネタバレ厳禁の縛りが強く、中身にはあまり触れられずに「面白い」という言葉が独り歩きした。今もしている。

 ではこの作品、絶賛の嵐が吹き荒れるほど面白いのか。「面白い」か「面白くない」かの二者択一なら、確かに面白い。ただ筆者は正直にいって、期待をはぐらかされた。金持ち家族に貧困家族がパラサイトしていく話の展開が、予想もつかない方向でぐんぐん勢いを増していく。それを支える芸術的とさえいえる画面の造形力が全く申し分なく、それらを集約して面白いのは間違いない。

 ただ、その面白さは刺激的ではない。興奮しないのだ。少なくとも、筆者はそうだった。回りくどいことをいっているのではない。そういうことが、映画の世界ではあり得る。人間描写の部分で弱さがあり、それが映画全体から受けるダイナミックな刺激、興奮に結実しないからだ。

 金持ち家族、貧困家族ともに、極めて類型的な描き方になっていた。金持ち家族は人が良すぎて、だまされ話の複雑な駆け引きに進まない。貧困家族も長らくダメ人間の集まりのはずなのに、いつの間にか理知的な詐欺師集団に変身する。そんな才能があれば、もっと早く貧困から脱出できただろう。ご都合主義がやけに目立つ。

 予想外の話の設定が最優先されている作品だから、どうしても人間描写が副次的になる。俳優陣に魅力が希薄なのも、それが理由だ。設定を食い破る複雑怪奇な人間模様をもっと見たかった。とはいえ「面白い」のに変わりないので、誤解なきように。

(大高宏雄/映画ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)