元俳優・唐渡亮さん 最高月収1億2000万円から飲酒トラブルを経て伊豆の“村長”へ

元俳優の唐渡亮さん、現在は伊豆シャボテン動物公園で『村長』 逮捕された過去も

記事まとめ

  • 元モデル、俳優の唐渡亮さんは、雛形あきこやともさかりえ、鈴木紗理奈のドラマに出演
  • 一時、最高月収は1.2億円だったが、飲酒して交番で警官とトラブルになり逮捕された
  • 今は社長と20年来の友人だったのが縁で、伊豆シャボテン動物公園で『村長』をしている

元俳優・唐渡亮さん 最高月収1億2000万円から飲酒トラブルを経て伊豆の“村長”へ

元俳優・唐渡亮さん 最高月収1億2000万円から飲酒トラブルを経て伊豆の“村長”へ

唐渡亮さん(C)日刊ゲンダイ

【あの人は今こうしている】

 唐渡亮さん(54歳・元モデル、俳優

 トップモデルから人気俳優へ。だが我が世の春は長くはなかった。11年前、飲酒による逮捕がマスコミを賑わせ、仕事は激減。第一線から姿を消した。本日登場の唐渡亮さんだ。ジェットコースターのような人生の今を追った。

  ◇  ◇  ◇

「昨年夏から建設していたグランピング施設がようやく完成しまして、2月16日にグランドオープンすることになりました。予約受け付け開始以来、日増しに問い合わせが増えてますね」

 静岡県伊東市にある伊豆シャボテン動物公園。建築職人たちが慌ただしく最後の作業をする中、髪をかき上げながら唐渡さんはこう言ってほほ笑んだ。真冬なのに日焼けして顔は真っ黒だ。

 肩書は“シャボテンヴィレッジ村長”。グランピングのほか、同公園とグループである伊豆ぐらんぱる公園のアトラクションの運営・管理責任者である。グランピングというのは「グラマラス=魅惑的な)」と「キャンピング」を合わせた造語で、ぜいたくなキャンプという意味。冷暖房完備のテントと食事が用意されており、利用者は手ぶらでハイクラスなアウトドアライフを楽しめる。

「弊社のテントは直径6メートルのドーム型で全11棟(1棟6人まで)。テント内にトイレ別のバスルームがあり、荒天や真冬でもストレスなく過ごせてプライバシーを守れる。それが最大の特徴です」

 食事は伊豆の海の幸・山の幸がメインで、敷地内のオフィシャルホテルが準備。屋根付きのバーベキューコーナーで存分に味わえる。

「僕はキャンプ歴30年なので、火おこしから海釣り・川釣り、乗馬、天体観測、その他自然のものを使った遊び方なら、なんでもご相談ください」

 ところで、どう言った縁で村長に?

「社長と20年来の友人で、『新規事業を始めるから、人生を懸けてみないか?』と誘われたのがきっかけでした。昨年7月に都内から伊東市へ住民票を移しています」

NHK朝ドラ「すずらん」で全国区の知名度に

 さて、1965年5月16日、大阪府茨木市に生まれた唐渡さんは、高校3年の時にスカウトされてファッションモデルに。その後、19歳の時に上京し、メンズ雑誌やファッションショー、イッセイミヤケの広告モデルにも抜擢された。

「そして25歳から、自己表現の幅を広げようと俳優への転身を図ったんです」

 注目を浴びたのは、雛形あきこ主演のドラマ「闇のパープル・アイ」(96年、テレビ朝日系)。さらに、ともさかりえ、鈴木紗理奈らが出演したドラマ「FIVE」(97年、日本テレビ系)など話題作に次々出演。遠野なぎこの出世作・NHK連続テレビ小説「すずらん」(99年)で遠野の恋人役を務めて知名度は全国区になった。

 だが好事魔多し。

「撮影中に声が出にくくなり、診察したら『喉頭腫瘍異型がん』のステージ4。それを隠して仕事を続け、約2年半の闘病中に計7回の手術を受けました」

 がんは寛解したものの、声帯は3分の1になったためハスキーボイスに。だがそれを持ち味に、一時はドラマや映画を常時3作4作と抱え、約20本のCMに出演。「最高月収は1億2000万円」と我が世の春を謳歌した。

 ところが、「20代はビールをチェイサー代わりに、ひと晩で大瓶1ケース(20本)なんてザラ」という酒豪ぶりが裏目に出た。09年8月、飲酒して交番で警官とトラブルになり、ドアを蹴飛ばしたため器物損壊で現行犯逮捕されてしまった。

「結局、不起訴にはなったのですが、不誠実だったとはいえ警官相手に激高したのは良くなかった」

 即日、レギュラー番組はもちろん、オファーされていた仕事も全てキャンセル。どん底に落ちた。

「そんな時でも手を差し伸べてくれるのが本当の親友です。人を見る目を養わせてもらいました」

 翌年に復帰。地道に芸能活動を続けていたところ、今回のオファーがあった。

「弊社ではさらに施設の拡充を予定しており、随時求人中です。年齢性別、職種は応相談。まずはHPをご覧になってお問い合わせください」

 住まいは車で約10分の3LDKマンション。

「バツイチなので一人暮らし。気楽にやってます。アハハハ」

(取材・文=高鍬真之) 

関連記事(外部サイト)